HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D15-N-0009
題目
(Project Title)
地域高齢者保健福祉サービスの指導者養成プログラムの国際調和化
International Harmonization of the "Training of the Trainers" Program of Community Health and Social Service for Older Persons
代表者名
(Representative)
小川 全夫
Takeo Ogawa
代表者所属
(Organization)
特定非営利活動法人アジアン・エイジング・ビジネスセンター
Asian Aging Business Center
助成金額
(Grant Amount)
 5,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

高齢者がいつまでも暮らし続けられるようにするためには、地域包括ケアや高齢者の居場所と出番づくりが必要であるという認識は、日本のみならず人口高齢化を追随する韓国やインドネシアでも共有されている。しかし日本は要介護高齢者の施設ケアに強く傾斜した展開の結果、コミュニティ・ケアや高齢者の社会参加を再構築し直す段階にあり、インドネシアのように地域ケアを中心に動いている社会や、韓国のように独自の家族介護者支援や高齢者向け産業振興に力を入れている社会との相互理解に基づいて、地域高齢者保健福祉サービスの指導者養成のプログラムを国際的に調和化したオープン・イノベーションによって推進するための、会議やスタディ・ツアーを催して協議し、関係機関に国際トレーニングセンター設置を提言する。

In order to realize the ideal concept of "Aging in Place," it is the common acknowledgement to enhance the comprehensive-community-care and to develop the place and the chance where older persons can be by themselves not only in aging Japan but also in Indonesia and Korea which are following to Japanese aging trajectory. However, Japanese society will have to reform the community care and the social participation of older persons, although it tended to over-develop the institutional care for the elderly. Therefore, in order to propose an international training center to related organizations, we will hold meetings and study tours for open-innovating and harmonizing the training of trainers of community health and social services for older persons, through mutual understandings of Indonesian way of community care and Korean way of family care and age-friendly industry.

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事