HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D15-N-0032
題目
(Project Title)
次世代移民とともに多文化社会の未来を見つめて
See the Future of Multicultural Society with the Next Migrant Generation
代表者名
(Representative)
ユン カンイル
Kwang-il Yoon
代表者所属
(Organization)
淑明女子大学多文化総合研究所
Sookmyung Institute for Multicultural Studies
助成金額
(Grant Amount)
 5,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

多文化社会への変容は、日本、韓国、台湾といった東アジアの国々にとって比較的最近の経験である。移民の急速な増加により、私たちの次の世代は真の多文化社会へとなり、多くの課題や困難に直面するであろう。したがって、文化的差異に適応した調和的な社会の形成に備えることは、現在喫緊の課題である。鍵となるアジェンダの一つは、移民の子どもや若い世代を健全な市民としていかに育てるかということである。次世代の子どもたちこそが、多文化主義の受益者、ひいては多文化社会の守り手となりうる存在でありうると同時に、最悪の場合、反多文化主義の犠牲者にもなりうる。
本プロジェクトでは、現在日韓において移民の子弟や若者たちにリソースやプログラムを提供している実践例を探るとともに、それらの事例を統合することを目指す。家族、学校、コミュニティ、NPO、そして行政は、いずれも移民の子どもや若者を教育するために欠かせないアクターである。こうした主体が協働することは、より良い活動のために決定的に重要である。本プロジェクトでは、多様なリソース、課題、実践などを誰がどのように織り上げていくかを探りたい。

Turning to multicultural societies is comparatively recent experience of East Asian countries, such as Japan, Korea, and Taiwan. Due to the rapid increase of immigration our next generation will have a genuine multicultural age facing many challenges and difficulties. Thus, today is the critical time to prepare for the formation of harmonious future societies which will be capable of accommodating cultural differences. One of key agendas is how to raise migrant children and youths as healthy citizens. They possibly become either beneficiaries of multiculturalism and thus guardians of multicultural societies or victims to provoke anti-multiculturalism in the worst case. We will attempt to look into the present practices to offer resources and programs to migrant children and youths in Korea and Japan, and what will be focused in the project is how to synthesize all the possible efforts. The families, schools, communities, NPOs, and governments are relevant agencies to educate migrant children and youth. The collaboration of the subjects is essential for successful practices. We would like to look into who and how weaves the diverse resources, requests, practices, and the like.

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事