HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D15-N-0036
題目
(Project Title)
多世代共生型コミュニティ創生のためのインターローカル・パートナーシップ
Interlocal Partnership for Creating a Cross-Generational Care Community
代表者名
(Representative)
河森 正人
Masato Kawamori
代表者所属
(Organization)
大阪大学大学院人間科学研究科
Osaka University
助成金額
(Grant Amount)
 5,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

かつて多世代共生ないし世代間の助け合いの機能は家族、すなわち拡大家族において担われていた。他方、核家族化や単独世帯の増加など、家族のかたちが大きく変化している現代においては、こうした機能が地域コミュニティに期待されるようになってきている。こうした「多世代共生の社会化」は、日本をはじめとする東アジアやタイをはじめとする東南アジアにおける、介護およびその周辺の福祉政策のなかに明瞭にあらわれてきている。本プロジェクトは、日本および韓国の中山間地と、タイおよびベトナムの農村部における介護にかかわる問題構成の共通性に着目しつつ、多世代共生のあり方の多様性を発見し、互いに学び合うことを目的とする。さらに、高齢者にとっての「働くこと」の意義に着目し、多世代共生型ケアと就労型福祉の融合のあり方についても知見を深めたい。ここでいう多世代共生は、高齢者、障害者、子どもなどをふくんでいる。

Southeast Asia is faced with a limited number of professional jobs and inherent difficulties in establishing large-scale care facilities compartmentalized by target clientele. Japan and Korea are facing the limitations of large-scale care facilities compartmentalized by target clientele, in particular, in remote rural communities where population decline is the most evident. It is fair to say that in both cases (i.e. East Asian countries), there is a similar trend in the long term toward focusing on "home" and "community" with the idea of "cross-generational and multi-functional care." The underlying idea behind our project is to assess whether initiatives in Japan such as Kochi-style Welfare, which have gained considerable attention in recent years, can be used in emerging East Asian countries that are having difficulty in establishing large-scale welfare facilities, and whether learning communities can be created for use in East Asian countries by linking rural communities in emerging East Asian countries with the practices in the various regions of Japan.

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事