HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D15-N-0063
題目
(Project Title)
安全な移動と定住に関するコミュニティの役割についての政策提言 ―日本とフィリピンの経験の学び合いをつうじて
Policy Recommendations for the Role of Community Concerning the Safe Migration and Settlement: Through Sharing Knowledge and Experience of Japan and the Philippines
代表者名
(Representative)
稲葉 奈々子
Nanako Inaba
代表者所属
(Organization)
上智大学総合グローバル学部
Sophia University Faculty of Global Studies
助成金額
(Grant Amount)
 5,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

日本における多文化共生を担うNGO活動は、日本人が主体であり、当事者である移住者の声が反映されていない。特にフィリピン人は渡航にあたって行政と民間業者の介入が複雑で、行動の制約が大きく、権利の侵害の回復が難しい。そこで移住者が主体となって、移住女性の安全で尊厳ある国際移動と定住のための政策提言を実現するために、本プロジェクトでは在日フィリピン人女性を担い手としたコミュニティのエンパワーメントに加えて、フィリピンおよび日本のNGOの持つ専門的知識を共有する。ワークショップにより、フィリピン人コミュニティが日本の制度を主体的に使えるようにエンパワーメントし、生活と雇用を安定させる仕組み作りに共同して取り組むための日本およびフィリピンの支援組織の国境を越えたネットワークを構築する。さらには、本プロジェクトに参加しない外国人も同じ情報にアクセスできるように、ビデオ作成により映像による情報の普及を行う。

The NGO activities on multicultural society in Japan have been initiated by Japanese people and the voices of migrants as actors are minimally reflected in these activities. Especially, the involvement of the Japanese government and private operators in the migration of Filipinos is so complicated that migrants are  largely constrained in their own actions, which makes it difficult for them to recover from the violation of their rights. This project aims to share the professional knowledge that NGOs in the Philippines and Japan have, in addition to the empowerment of communities organized by Filipino women in Japan in order to make the migrant-centered policy proposals for the migrant women’s international migration and settlement safe with dignity. Our workshops contribute to the empowerment of Filipino communities to utilize the social system of Japan more effectively and build transnational networks between supporting organizations in Japan and the Philippines so as to cooperate in creating a mechanism for their stable life and employment. Moreover, our project proposes to make a video to disseminate the information to migrants who are unable to participate in this project so that they may have access to the same knowledge.

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

プロジェクトでは、日本とフィリピンのNGOおよび移住者コミュニティが連携することで、移住者にとって安全な移住と定住のあり方を模索した。日本とフィリピンでそれぞれ2回のワークショップを実施し、安全な移住と定住のための方策を話し合い、「人身取引きを見ぬく目を―安全な移住のために」と題する啓発ビデオを作成した。フィリピンのワークショップでは、営利目的の仲介業者に依存しない渡航のために、移住者の権利について学んだ。日本では、劣悪な生活環境や労働条件を「フィリピンよりまし」と甘受するのではなく、日本のなかでもステップアップしていける権利を行使するための知識を身につけた。フィリピン、日本ともにNGOと移住者コミュニティが連携することで、支援や情報に移住者がどの地域にいてもアクセスできるネットワーク構築の基盤をつくることができた。フィリピンのJFCと日本で育ちフィリピンにルーツがある若者が意見を交換することで、ブローカーに搾取されないだけでなく、移住先で底辺に固定されないための条件までを射程に入れて、安全な移動と定住についての活動の方向性を定めることができた。

One of objectives of this project is the construction of relation between NGOs in the Philippines and in Japan for safe migration. Forums were held twice in the Philippines and same times in Japan. A DVD titled “An Exposé of Trafficking in Japan Towards Safe Migration” is produced as an outcome of our project. In Philippines, we discussed about the way of migration without becoming a victim of trafficking. In Japan, participants of forums learned the rights of migrants for improvement of their situation in the receiving country. A network between NGOs and migrants’ communities for the information and support for migrants is under construction. From the discussions and exchanges between JFC in the Philippines and in Japan, we found that the process of safe migration includes the way to step up in Japan. A safe migration will not be realized if the opportunity of social promotion is closed for migrants.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事