HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D15-N-0069
題目
(Project Title)
『寛容』を超えて―移民とその家族を社会の一員として迎えていくための協働
Beyond Tolerance: Working Hand-in-hand to Promote the Social Inclusion of Migrants and Their Families
代表者名
(Representative)
針間 礼子
Reiko Harima
代表者所属
(Organization)
メコン移住ネットワーク
Mekong Migration Network
助成金額
(Grant Amount)
 6,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

このプロジェクトは移民とその家族たちの社会的排除の問題を取り上げ、彼らの社会的融合を目指しているものであり、特に移民の出身国の果たすべき役割に着目している。プロジェクトでは、ミャンマー、カンボジア、タイ、日本において移住問題に取り組む市民団体や人権擁護者をサポートし、また移住に関する政策や、一般の人々のもつ移民についての認識に変化をもたらせるような、多角的な効果を期待している。開催予定の円卓会議では、政策提言をまとめ、政府機関に適宜提出する。メディア関係に対しては、移住問題に関して意識を高め繊細に対応してもらうことを目指す。一方、移住者たちの出身国においては、地元の人々の移住についての理解を深めるために写真展を開催する。このような取り組みはミャンマーやカンボジアといった、歴史的に移住そのものがデリケートな問題とされてきた国々にとって特に重要である。過去にはこれらの国々では市民団体は移住問題の分野で活動することが一般的には許されていなかったが、近年の情勢の変化により、この分野での活動が可能になってきている。特にミャンマーの市民団体にとっては新しい分野であり、取り組むことに大変関心を持っている。ミャンマーとカンボジアの市民団体の間での相互交流は、移民送り出し国としてのあるべき対応を考えていくうえで、重要になってくる。
そして、ミャンマーとカンボジアの市民団体による共同行動は東南アジア諸国連合(アセアン)を通しての地域レベルでのアドボカシーを強化することにもつながることが期待される。 移民受入国については、このプロジェクトではタイと日本を取り上げる。ミャンマーとカンボジアの市民団体にとって、自国からの移民が多く住むタイにおいて、移民がどのような問題に直面しているかについて理解を深めることは大変重要である。また日本における問題についても目を向け、このプロジェクトを通して各参加者は日本における移民の状況をよりよく理解することにもなる。これにより、メコン地域だけでなく、より広い視野をもって活動を展開していくことができるようになると期待される。

The proposed project seeks to promote integration and tackle the social exclusion of migrants and their families, with special attention to the roles of countries of origin. It will assist CSOs and advocates working on migration issues in Myanmar, Cambodia, Thailand and Japan. It also aims to create multiple impacts on both policy and public perception of migration. Round table meetings will be held and advocacy papers submitted to relevant government ministries. The project will seek to sensitize members of the media to migration issues, and organize a photographic exhibition to increase local understanding about migration in countries of origin. This is crucial for Myanmar and Cambodia, where migration has historically been a sensitive issue. In the past, CSOs were mostly not allowed to work on migration issues. However, following recent changes, it is now possible to work on migration issues, and CSOs in Myanmar are eager to start programs. Mutual exchange among CSOs in Myanmar and Cambodia is strategic in developing responses as countries of origin. A consolidated response by CSOs in Myanmar and Cambodia, which this project will help foster, will strengthen regional advocacy efforts through ASEAN. As for destination countries, Thailand and Japan will be the focus of this project. It is crucial for CSOs in Myanmar and Cambodia to better understand the issues faced by migrants in Thailand, the major destination country, while the project also provides the project collaborators the chance to gain better knowledge of migrants' situation in Japan. This will broaden the scope of their understanding on migration beyond the GMS.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事