HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D15-N-1003
題目
(Project Title)
高齢化時代の「エネルギー自治」 ―再生可能エネルギーを活用したコミュニティの自立をめざして
"Local Energy Governance" in an Aging Society: Toward Sustainable Community Using Renewable Energy 
代表者名
(Representative)
中山 琢夫
Takuo Nakayama
代表者所属
(Organization)
京都大学 大学院 経済学研究科
Graduate School of Economics and Faculty of Economics, Kyoto University
助成金額
(Grant Amount)
 9,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

日本だけでなく、経済発展の著しい東アジアや東南アジアにおいても、農山村地域の過疎・高齢化の問題が顕在化しようとしている。地域の持続可能な発展の究極的な条件は、「人口維持」問題である。この難題を克服するために、先駆的な「エネルギー自治」の実践例は、多くの示唆に富んでいる。日本における農山村地域の「エネルギー自治」の先進自治体では、転出よりも転入の方が上回るという、社会増の現象が起こっている。それには、「エネルギー自治」による、所得・雇用機会の増加が効いている。
本プロジェクトでは、これまで我々が培ってきた、「再生可能エネルギーを活用したコミュニティの取り組み」に関する、日本・アジアの現状レビューと、それに基づく政策提言型の活動を基にしている。こうした成果を基盤としながら、日本とアジアに共通する、地域の持続可能な発展のための「エネルギー自治」の可能性を探る。

In rural area, depopulation and aging problem are actualizing not only in Japan but also in East or South East Asian countries that are significantly developing in terms of economy. The ultimate condition for regional sustainable development is to maintain their population. To overcome this difficult problem, pioneering case of "Local Energy Governance" has a lot of suggestion. 
Pioneering municipality cases of "Local Energy Governance" in Japanese rural areas, a number of moving-in people exceed moving-out people. This is because income and employment opportunities are increasing in these areas by "Local Energy Governance".
This project is based on our present situation review and policy recommendation activity through the "Renewable energy practice for sustainable community development" (FY2014). Through the achievement, we investigate the possibility of "Local Energy Governance" common to Japan and Asian countries for regional sustainable development.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事