HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 研究助成 Research Grant Program  /  (A)共同研究助成  (A) Joint Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D15-R-0009
題目
(Project Title)
福島第一原子力発電所事故による中・長期的な健康影響に関する研究―災害に強い保健医療体制の構築を目指して―
Assessment of the Mid- to Long-term Health Effects of Japan's 2011 Fukushima Nuclear Disaster: Toward disaster-resilient health care systems
代表者名
(Representative)
野村 周平
Shuhei Nomura
代表者所属
(Organization)
東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室
Department of Global Health Policy, Graduate School of Medicine, The University of Tokyo
助成金額
(Grant Amount)
 1,200,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

福島県の海岸部の3分の1を占める南相馬市・相馬市は、2011年3月に発生した東日本大震災および福島原子力発電所事故に伴い、病院閉鎖や医師・看護師の離職などにより急激な医療人材不足に陥り、保健医療供給体制は崩壊しつつある。今年で発災から4年を迎える。しかし、これまで我が国では災害疫学研究は社会的関心の高まる発災直後に集中し、中・長期的な健康影響の調査研究は少ない。本プロジェクトは、発災から現在までの内・外部被ばく状況も含めた住民の健康状態の変化を経時的に分析することで、現在の福島並びに将来の放射線災害に備えた中・長期的な保健医療体制の構築を「社会の新たな価値」として探求する。
 本プロジェクトは、両自治体および医療施設との協力関係のもと、発災後中・長期における(1)内・外部被ばく状況の経時的変化・傾向の評価、(2)被ばく量と生活習慣との関係、そして(3)慢性疾患有病率の変化とそのリスク要因についての研究を行うことを目的とする。

   The towns of Minamisoma and Soma in Fukushima prefecture, Japan, account for one-third of the prefecture's seacoast area. After the Great East Japan tsunami on March 11th 2011 and subsequent Fukushima nuclear disaster, these towns have struggled with medical staffing deficiencies due to post-disaster hospital closures and evacuation of medical personnel, resulting in a collapse of health care service systems. Effective design and delivery of measures to reduce post-disaster health risks and promote health can be achieved by better understanding of the health effects of disasters. However, four years after the Fukushima disaster, most research on post-disaster health outcomes only relates to the first few months after the disaster (i.e., the acute phase), where the public interest was strong enough to call for research; the month/year-long (mid- to long-term) follow-up of health outcomes has not been well conducted.
   In this project, we aim at a stronger understanding of the potential mid- to long-term health effects of the Fukushima disaster as a new social value in order to not only inform the creation of disaster-resilient health care systems after the disaster, but also to help identify discussion points on disaster planning, including preparedness, response and recovery measures for future nuclear disasters. To meet this aim, the project objectives are three-fold: 1) to evaluate trends in internal and external radiation exposure risks among the residents over the past four years; 2) to examine the relationship between the exposure risks and lifestyle, such as dietary habits and physical activity; and 3) to assess the chronic health conditions in the longer term and their risk factors. These objectives will be carried out in collaboration with local authorities and medical facilities in the towns of Minamisoma and Soma.

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

<プロジェクトの概要>
 福島県南相馬市・相馬市は、2011年3月に発生した東日本大震災および福島原子力発電所事故に伴い、急激な医療人材不足に陥り、保健医療供給体制は崩壊しつつある。今年で発災から7年を迎えた。しかし、我が国では災害疫学研究は社会的関心の高まる発災直後に集中し、中・長期的な健康影響に対しては、調査研究はあまり行われていない。本プロジェクトは、発災から現在までの特に被ばく状況も含めた住民の健康状態の変化を中・長期視点で分析することで、その社会的意義も含めて放射線災害後における中・長期の保健医療体制のあり方を問い直し、「社会の新たな価値」としてより災害リスクを減らし被災住民の健康を長期にわたり守る方法論の創出に結実すると考える。本プロジェクトを通して我々が創出した社会の新たな価値は大きく次の2つ。

リスクコミュニケーションとしての被ばくスクリーニング
 現在内部被ばく検査で「検出」とされる人はほとんど見られなくなった。そして受診率も年々低下し、今後どのように現状の内部被ばく検査を運用していくか、被災地では帰路に立たされている。本研究結果から、より被ばくを気にすると考えられる人(女性、小さい子どもを持つ親御世代、事故時に原発により近く、避難区域内に居住していた)ほど、内部被ばく検査を受診する傾向があることがわかった。長期的に内部被ばく状況をモニタリングする上で、「検診」がスクリーニングや線量評価といった被ばく対策としての機能のみならず、健康不安対策を目的としたリスクコミュニケーションとしても機能し得る可能性がある。

災害対応への新たな疫学的アプローチ
 福島のような低線量状況では、公衆衛生の観点から、すべての住民に対する義務的なスクリーニングが最良の選択肢ではないかもしれない。一方、自発的スクリーニングは参加率が低く、また自主参加の参加者らが全人口を代表するわけではないかもしれない。このような自発的参加は、被ばくリスク評価という点では伝統的で古典的な疫学の「ゴールドスタンダード」ではない。しかしながら、災害時のスクリーニングシステムは、専門家や疫学者の仕様から決定すべきではない。害が公益よりも著しく高い場合、疫学者やその他の研究者/行政は自主参加の参加者から得られる情報から、研究の汎用性を高めるための斬新な方法を検討すべきである。

 
<成果物>
査読付き国際誌での論文発表5つ
1. Nomura S, Tsubokura M, Murakami M, et al. Towards a Long-Term Strategy for Voluntary-Based Internal Radiation Contamination Monitoring: Representativeness of the Monitoring Results in Fukushima, Japan. International Journal of Environmental Research and Public Health 2017, 14(6): 656.

2. Nomura S, Tsubokura M, Ozaki A, et al. Towards a long-term strategy for voluntary-based internal radiation contamination monitoring: a population-level analysis of monitoring prevalence and factors associated with monitoring participation behavior in Fukushima, Japan. International Journal of Environmental Research and Public Health 2017, 14(4): 397.

3. Nomura S, Blangiardo M, Tsubokura M, et al. School restrictions on outdoor activities and weight status in adolescent children after Japan's 2011 Fukushima Nuclear Power Plant incident: a long-term retrospective analysis. BMJ open 2016; 6(9): e013145.

4. Leppold C, Nomura S, Sawano T, et al. Birth outcomes after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Disaster: a long-term retrospective study. International Journal of Environmental Research and Public Health 2017, 14(5): 542.

5. Leppold C, Ochi S, Nomura S, et al. The Great East Japan Earthquake, tsunamis and Fukushima Daiichi nuclear power plant disaster: Lessons for evidence integration from a WADEM 2017 presentation and panel discussion. Prehospital and Disaster Medicine 2018. 出版待ち. [special reports]

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事