HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 研究助成 Research Grant Program  /  (B)個人研究助成  (B) Individual Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D15-R-0243
題目
(Project Title)
漁業者の海洋保全活動を通して見る現代日本の自然観
Observing the Conception of Nature in Contemporary Japan through Marine Conservation Activity by Fishermen
代表者名
(Representative)
釣田いずみ
Izumi Tsurita
代表者所属
(Organization)
東京大学大学院総合文化研究科
Graduate School of Arts and Sciences, The University of Tokyo
助成金額
(Grant Amount)
 600,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

環境問題の課題解決に対して統計やモデリングなどの定量的分析を用いることは、因果関係の複雑さと不確実性の高さから限界がある。そのため、環境事業には関係者参加型の順応的な管理が不可欠だと言われている。しかし、現状では、事業の成果を測るための指標や優先順位が関係者によって異なることを曖昧にしたまま、事業評価手法に関する議論が進んでいる。そのため、収束の糸口が見えない意見対立が発生し、事業の成果が上手く評価出来ていない状態が続いている。人類学の定性的な知見は、こうした課題を補う。人類学は、環境事業の目的や手段を判断する際に人々が用いる自然観について、古くから議論してきた。こうした人と自然の関係に関する多様な自然観を再整理していくことは、環境保全活動における対立の解消や事業の評価に必要な動機を探る上で重要な役割を果たす。そこで、本研究は、異なる関係者の間に潜む自然観が、どのような議論のもとで、実際にどのように取り扱われ、どのような課題を抱えているのかということを岡山県備前市日生町の漁業者による海洋保全活動を通して再考していく。

When using quantitative analysis for solving environmental problems such as statistics and modelling, limitations can be pointed out because of its complex cause-and-effect relationships and level of uncertainties. Therefore, stakeholder oriented adaptive management is said to be critical for the environmental projects. However, current discussion is centered on the methods of project effectiveness assessment without clarifying varieties of indicators and priorities preferred among different stakeholders. Whence, conflicts and inadequate assessments remain. The qualitative knowledge of anthropology supplements such issues. Anthropology has long been discussing about the conception of nature that people uses for deciding objectives and methods of environmental projects. Reorganizing diverse conceptions of human and nature relationship plays an important role to find out the motivation for solving conflicts and assessing projects on environmental conservation activities. Therefore, through the marine environmental conservation activity conducted by the fishermen in Hinase, Bizen City, Okayama Prefecture, this research reconsiders how the conceptions on nature among different stakeholders are applied in reality and what kind of arguments and problems exist.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事