HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 研究助成 Research Grant Program  /  (A)共同研究助成  (A) Joint Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D15-R-0262
題目
(Project Title)
格差社会において様々な交換をアクティベートする実践的な分配の正義―共生人間科学に基づく社会の新たな価値創出―
Activation of Exchanges by Local and Practical Distributive Justice in a Gap Widening Society: Exploring new values for society based on convivial human science
代表者名
(Representative)
茂呂 雄二
Yuji Moro
代表者所属
(Organization)
筑波大学人間系
Faculty of Human Sciences, University of Tsukuba
助成金額
(Grant Amount)
 6,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

本研究は、格差や貧困に曝される子どもの発達支援のためのコミュニティ作りを切り口にして、発達心理学の視点から、分配的な正義にアプローチする。人々のローカルな実践を通して実現される分配的正義の考え方を整備して、子ども・若者を支援するコミュニティを社会実装するアクションリサーチを実施する。格差のため社会関係資本に乏しい子どもたちにとっては、社会文化的経験の欠乏が一層深刻な問題である。学校外の広い社会で生活する、多様な大人に出会う経験も制約され、大人を発達のモデルにする経験も制限される。本研究では、貧困層の子どもたちが、多様な価値観や技能を有する大人と出会うことのできるコミュニティ作りを通して社会関係資本を再分配する仕組みを作り、これをローカルで実践的な分配正義として提案する。このような分配のニーズと大人側の動機について調査データで検証する。そして(1)子ども・若者発達支援を行っている団体と共同し経常的に大人との出会いが果たせる場の構築、(2)子ども達と大人と共同でのイベント作りの、2つのアクションリサーチを実施し、質的なデータを蓄積し、参加者の認知と感情面の成長過程を明らかにする。

We approach the problem of distributive justice from the viewpoint of developmental learning, which stresses that poor young people's participation into community building process empowers their developing and becoming. We would reformulate the concept of distributive justice in terms of people's local and practical activities and translate it into action researches which will build convivial communities for young people. Poor young people, exposed to the economical gap and having less social capital, are inevitably deficient in socio-cultural experiences for getting together with diverse adult people, who have various knowledge and skills. Thus, poor youth would be deficient in models for who they will become in their future beyond who they are now. In our practical research, we would build communities that serve as an organization for re-distribution of social capitals and relational goods, giving young people chances to get together with diverse adult people. This community building process, in our view, would be a local and practical re-conceptualization of distributive justice.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事