HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 研究助成 Research Grant Program  /  (A)共同研究助成  (A) Joint Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D15-R-0331
題目
(Project Title)
多様な民族で構成された21世紀のヨーロッパにおける共生方法の探求―避難民も含めて共に住むために、どのように地域帰属意識を醸成させていくか―
Exploring the Art of Living Together in 21st Century Ethnically Diverse Europe: Fostering strong sense of belonging, living in harmony with one another, and integrating refugees
代表者名
(Representative)
イヴァン・ボテフ
Ivan Botev
代表者所属
(Organization)
東洋大学国際地域学部
Faculty of Regional Development Studies, Toyo University
助成金額
(Grant Amount)
 2,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

国連の発表によると、戦争や迫害を逃れて中東とアフリカからヨーロッパへ向かった人の数は2015年までにおよそ100万人に上り、過去数十年で最悪のレベルの人道危機となっているが、ヨーロッパへの難民の流入は今後も続くとみられている。しかしヨーロッパ各国の受け入れ態勢は十分に整っているとは言い難い。
 ブルガリアは地政学上、難民にとって陸路で入れる最初のヨーロッパの国だが、経済水準がEU加盟国の中で最低レベルであるうえ、出生率の低下、死亡率の増加、高齢化の進行、さらには労働者や知識層など人材の流出に悩まされ、人口変動の危機に直面している。
 本プロジェクトは、他国へ移動せずにブルガリアに留まる難民の受け入れを促進し、人的資源として活用するための一助となることをめざす。難民の活用は、長期的に見ればブルガリアの人口変動問題の解決にもつながるだろう。具体的な目標は、難民を受け入れる意識の向上、受け入れ教育に役立つ本や絵本の普及推進、そして小学校および学校教育以外の場で使用する新しい教材の製作であり、教材による学習を通じて、仲間意識を強め、他者を受容する心を養うことをめざす。
 ブルガリアでの試みが成功すれば、似たような状況にある多文化国家や多民族国家に適用することも可能であろう。

    Waves of people (one million by 2015, UN) are trying to escape the wars and persecution in the Middle East and Africa by making Europe their new home and the tendency is for this to continue. European countries are unprepared in accommodating these refugees the biggest humanitarian catastrophe in the past decades. 
    Bulgaria, due to its geopolitical location, is the first safe European territory reachable by land. Bulgaria though, has the lowest economy rate in the EU, low birthrate, high mortality rate, aging population and "muscle" and“brain” drains, i.e. the country suffers an enormous demographic crisis. 
    The main aim of our project is to contribute to the integration of refugees, who remain in Bulgaria and to recognize them as a resource, which in long-term will also help solve the existing demographic crisis in the country. The specific goals are increased inclusion and implementation of existing literature and creation of new, specific such in the elementary school curriculum as well as in non-formal educational settings, which fosters a sense of belonging and acceptance of others. 
    The model of this project once it proves successful will be applicable in other multicultural and multiethnic countries, where similar conditions exist.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事