HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 研究助成 Research Grant Program  /  (B)個人研究助成  (B) Individual Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D15-R-0448
題目
(Project Title)
中等教育におけるグローバルとローカルを意識した市民性教育の実例比較研究―ドイツ・オーストリアにおける現地校/IB導入校の取り組みを例に―
Comparative Study of Global Citizenship Education in Secondary Education: Practical research at domestic and IB schools in Germany and Austria
代表者名
(Representative)
前島 礼子
Reiko Maejima
代表者所属
(Organization)
ウィーン大学東洋学研究所
Department of Oriental Studies, University of Vienna
助成金額
(Grant Amount)
 1,600,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

現在日本では教育のグローバル化が課題となっており、一方で国内では18歳選挙権に伴い社会科教育も大きく変わろうとしている。その中でローカルな政治行動を裏打ちするグローバルな政治的思考力・判断力の育成はどのように行うべきか。そこで私が注目したのはグローバルな市民性(citizenship)教育である。特に政治的リテラシー教育(政治のプロセスを理解し、思考判断する能力の育成)は、日本の市民が日本だけでなく、世界にも貢献していくために必要な能力の一つと考える。本研究は、市民性教育の実践例について13年間現場で教壇に立っていた元社会科教師の視点から比較検証し、市民性教育を導入するに際し指標を提供することを目的とする。対象をドイツ・オーストリアに限定し、グローバル教育実践校として世界中に広がるIB認定校、またはドイツ、オーストリアの国内高等学校6校に絞り、ケーススタディーをすることを目的とする。調査内容は市民性教育、特に政治的リテラシー育成のための実際的な取り組み(各授業)および年間カリキュラム作成法等である。各校における実践例の比較研究とその成果は広く公開し、現場の教員の取り組みを支援する。

Globalization has a significant effect on the secondary education in Japan at the present. And also, the social studies lessons at Japanese high schools will be changed because of the right to vote after 18 years old. How should we bring up teenagers' critical thinking skills to think global issues and to act in the local politics system? I would like to focus on global citizenship education. The purpose of this research is to examine the exact lesson plans, curriculum buildings and teaching skills of global citizenship education. I do case studies in the local schools and IB schools in Germany and Austria. Then I will compare each situation and share the results to help high school teachers to plan citizenship education.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事