HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 研究助成 Research Grant Program  /  (A)共同研究助成  (A) Joint Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D15-R-0452
題目
(Project Title)
戦争の〈記憶〉の継承とその利活用に資するアーカイブズの構築およびそれに基づく平和学習の新たな可能性の探究―平和を希求する心を育むための試み―
Construction of Archives that Contribute to Inheritance and its Use of Memory of War, and Research of the New Possibility of the Peaceful Learning Based on it: To bring up a heart to desire peace
代表者名
(Representative)
佐藤 宏之
Hiroyuki Sato
代表者所属
(Organization)
鹿児島大学学術研究院法文教育学域
Education, Law, Economics and the Humanities Area, Research and Education Assembly, Kagoshima University
助成金額
(Grant Amount)
 6,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

1945年の日本の敗戦から70年という歳月が経過した。戦争体験世代や戦争や戦時の生活を少しでも記憶している世代は少なくなり、統計上、日本の総人口の10%を切ったといわれる。つまり、〈体験〉や〈証言〉として戦争・戦時が語られる時代から、少数派の戦争体験者と多数派の非体験者によって構成された戦争の〈記憶〉が、非体験者からさらに次の非体験者へと継承される時代になったのである。したがって、直接体験を持たない世代、戦争や植民地支配の過去を知らず、その史実を十分に学んでこなかった世代が、戦争の〈記憶〉をどう継いでいくのか。今日の教育的・社会的課題といえる。そこで本研究では、戦争体験者から集めた〈記憶〉(証言や資料など)を不特定多数の利用者を想定した「公共財」として新たに価値づけ、その利活用の目的性を問わない記録として後世へ伝えていくためのアーカイブズを構築することを第一の目的とする。そして、そのアーカイブズに基づいて、地域観光や学校教育の場で利用できる平和学習の新たな可能性を探究することを第二の目的とする。本研究により地域における戦争の〈記憶〉に、「地域の歴史資産」という新たな価値が付与される。

70 From Japan's defeat of 1945 has passed.The war experience generation, a war and a life in wartime, the remembered generation became even a little little.It is said to have been less than 10% of total population of Japan in statistics.Memory of the war made by a war experient of the minority and a non-experient of the majority,It was the times succeeded from a non-experient more to the next non-experient.It is today's educational social problem how the generation who did not learn the historical fact enough inherits memory of the war without knowing the past of war and the colonial rule to the generation who does not have direct wartime experience.The first purpose of this study evaluates memory which I collected from a war experient as "the public goods" which assumed the unspecified number of user newly and is to build archives to tell coming ages as a record for all purposefulness of the utilization.The second objective, based on the archives, is to explore the new possibilities of peace learning available in regional tourism and school education.By this study, the new value called "local history assets" is given in memory of the war in the area.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事