HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 研究助成 Research Grant Program  /  (A)共同研究助成  (A) Joint Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D15-R-0475
題目
(Project Title)
被災アーカイブズの新たな保存技術発信へのアプローチ
The Approach to Dissemination of New Preservation Technologies for Disaster Damaged Archives
代表者名
(Representative)
青木  睦
Mutsumi Aoki
代表者所属
(Organization)
国文学研究資料館
National Institute of Japanese Literature
助成金額
(Grant Amount)
 5,600,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

近年、地震・噴火・洪水などの災害発生の危険性は、世界的規模で高まっている。災害発生の際、人々の生命・財産をはじめ生活に直接関わるアーカイブズ(文書・記録類)を確実に保全することは、被災リスクを減らす不可欠な要件となる。本企画は、代表者らが東日本大震災の被災公文書に対するレスキュー活動で新たに考案した紙資料保存技術を、国際研究交流を通じて世界各地で実践できる方法として共有化し、発信・普及していくことを目的とする。
 代表者らは、身近な素材を用いてスピーディーに記録類を劣化から守り、再生へと導く方法を考案し、被災地での実践を通じて多くの観察・測定データを取得した。本企画では、(1)蓄積されたデータの解析・考察を行い、新たな保存技術の実効性について検証する、(2)過去に噴火や洪水被害を体験したイタリアでワークショップを開催し、意見交換を通じて新知見を加え、国際的観点をふまえた新技術の方法論を確立させる、(3)得られた成果を市民参加型国際交流集会やホームページを利用して広く発信する、という3つの活動により、災害発生時に世界の誰もが新たな紙資料レスキュー方法へとアクセスできる環境を整備する。

     In recent years the risk of the disaster occurrences such as an earthquake, volcanic eruption, and the flood increases in a global scale. In the case of disaster occurrences, keeping archives (documents and records) related directly to livings including people’s lives and the property in a secure way is indispensable requirements to reduce suffering risks. This project aims that the paper preservation technology which we devised newly through the salvaging activity for the suffering official documents of the East Japan great earthquake disaster will be shared as the method practiced in all over the world with international research exchanges, and will be dispatched and prevailed it worldwide.
    Our method is that records are protected from deterioration using imminent materials speedily and are lead to recovering. We devised this method and acquired observation and measurement data through the practices at the disaster area. This project operates three activities as the followings; 1) we analyze and study accumulated data as well as examine the effect of the new preservation technology. 2) we hold a workshop in Italy where they experienced eruptions and flood damage in the past, add new findings through exchange of opinions, and establish the methodology of the new technology that stands on the international point of view. 3) we transmit provided results widely using a citizen participation type international exchange meeting and our homepage. As a result of these activities, the environment will be developed that anyone in the world can access to the new method and procedures for salvage of damaged paper materials when a disaster strikes.

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

近年の地震・噴火・洪水などの災害発生により、日本はもとより世界的規模で、人々の生命・財産をはじめ生活に直接かかわるアーカイブズ(文書・記録類)が消滅の危機に瀕している。
 私たちは、トヨタ財団の研究プログラム企画において、消滅の危機にあるアーカイブズをレスキューすることによって、社会の新たな価値を創出し、そのアーカイブズを未来へ繋げる意味が共有されるよう、アーカイブズ保存の活動を行ってきました。
 ホームページを開設し、日本全国でどのようなアーカイブズ、公文書・地域史料のレスキュー活動が行われているのか、各地の事例も含めて、ぜひみなさんに知っていただく活動も開始しました。
 私たちは、イタリアで起きた大地震の調査も実施しました。地震により被害を受けた石造建築の古い都市は、歴史的な建造物だからといって、すぐに再建できないとのことです。その要因は、地域の「過疎化」にも一因があり、日本とも共通の問題を抱えていることを知りました。イタリア公文書館の方も「アーカイブズこそが地域の歴史を紐解く原点」とおっしゃっておりましたが、まさに地域史料の保存について、世界規模で問題となっています。
 アーカイブズ・レスキュー活動は、大学や博物館・図書館・自治体の職員等の専門職の方々のみの参加ですと、地域におけるアーカイブズの役割を社会全体に伝えにくい、という現状があると感じます。やはり、地域の方々やボランティアの方々と、一緒にレスキューをしていくことが重要となるかと思います。そのような場をどう構築していくか、私たち専門職が、多くの方々と共に地域のアーカイブズ保存を実践していく中で、アーカイブズを未来へ繋げる活動から社会の新たな価値を創出し、その意味が共有されるよう、歴史的アーカイブズだけでなく、公文書公開のためにも、どのようなシステムが必要となるかといことを併せて研究していくことが求められています。
 海外でもワークショップを開催し、意見交換を通じて新知見を加え、国際的観点をふまえた新たな保存技術発信へのアプローチを実践してきました。そこで得られた成果を国際交流集会やホームページを利用して広く発信し、誰もが事前に考えておかなければならない災害発生時のタイムライン・行動計画や新たな紙資料レスキュー方法へ、アクセスできる環境をこのホームページで継続して提供していきます。

In recent years the risk of the disaster occurrences such as an earthquake, volcanic eruption, and the flood increases in a global scale. In the case of disaster occurrences, keeping archives (documents and records) related directly to livings including people’s lives and the property in a secure way is indispensable requirements to reduce suffering risks.
We rescued and kept such archives to product the new value in our society through THE TOYOTA FOUNDATION’s research program. At first our activity, we launched web-site to share that values between societies. Second, we researched Italy’s earthquake case. We found common problem which is depopulation between Japan and Italy in that case study.
We understand, however, that is difficult to share general people about archive’s value. So we, expert in archival science, must keep on doing educational activities for them. Off course, we must keep study about archives not only historical value but also current records too.
We get huge knowledges and information through our activities, work-shop and conversation with expert in the world about archives on the disaster. We will keep to dispatch of these achievements widely with web-site.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事