HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 研究助成 Research Grant Program  /  (A)共同研究助成  (A) Joint Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D15-R-0590
題目
(Project Title)
災害からの長期的復興におけるボランティアの役割―災害に強いコミュニティの構築に向けた官民の連携―
The Role of Volunteers in Long-term Disaster Recovery: Facilitating co-production for resilient communities
 
代表者名
(Representative)
デボラ・ブラックマン
Deborah Blackman
代表者所属
(Organization)
ニューサウスウェールズ大学
School of Business, University of New South Wales
助成金額
(Grant Amount)
 4,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

本プロジェクトの包括的な目標は、災害からの長期的復興において官民連携を促進し、その取り組みを管理するボランティア・コミュニティの可能性について探ることである。具体的には以下の3点について調査・研究を行う。
(1) よりよい復興をめざすうえで官民連携が持つ意味を検証する。官民が効果的に連携し、復興政策の策定に住民が参加していれば、政策への支持が得られやすいと予想される。
(2) 復興における官民の連携についてボランティアが果たす役割を検証する。
(3) 災害後の社会資本の整備状況と、社会資本が官民の連携と長期的復興に与える影響を検証する。
 本プロジェクトの成果は、ニュージーランド・クライストチャーチで活動するボランティア団体と共有して現場への応用を進めるとともに、海外の有力誌、シンポジウム、ソーシャルメディアなどでも発表する。
 大切なのは研究成果の実践である。復興政策の策定とその実行には官民の連携が重要であり、本プロジェクトによって政府や地域社会に変化を促し、災害への備えを強化することにつなげたい。

The overarching aim of this project is to investigate the potential of the volunteering community to facilitate and manage co-production in long-term disaster recovery. This project has three specific objectives. Objective 1: To determine the potential for co-production to improve long-term disaster recovery. Our premise is that the effective use of co-production could increase citizen support for new policy initiatives, if they are involved with their planning. Objective 2: To examine the potential of the volunteering community for effective co-production of recovery. Objective 3: To investigate post- disaster social capital development and its role in co-production and long-term recovery. The results will be a) shared with volunteer groups in Christchurch to determine practical applications, b) disseminated through publication of articles in international leading journals, symposium and social media. A greater weight will be placed on practical application. The results of this research should emphasize the importance of co-production for disaster policy and its implementation, and lead to ongoing change in government and community behaviours and more sustainable disaster preparedness.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事