HOME

助成対象詳細(Details)

   

2015 研究助成 Research Grant Program  /  (B)個人研究助成  (B) Individual Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D15-R-0650
題目
(Project Title)
「敵」と友になる―タイ人児童と外国人児童が互いに理解を深め、ポジティブな姿勢をはぐくむための教育プログラムの開発―
"Enemies"Become Friends: Designing education activities that build understanding and positive attitudes among migrant students and Thai students
代表者名
(Representative)
ティティマディー・アーパッタナーノン
Thithimadee Arphattananon
代表者所属
(Organization)
マヒドン大学アジア言語文化研究所
Research Institute for Languages and Cultures of Asia, Mahidol University
助成金額
(Grant Amount)
 700,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

今日、私たちは多文化社会に生きている。タイも例外ではない。現在タイ国内には300万人以上の外国人労働者がいるとされ、外国人労働者を親に持つ児童の数はおよそ30万人に上る。政府は2005年に外国人労働者の子供たちが公立学校で学ぶことを認めたが、これにより、タイ人児童と外国人児童の間で誤解や対立が生まれるなど、多くの問題が生じている。
 本プロジェクトは、公立学校で学ぶ児童が相互に偏見をなくし、相手に対してポジティブな姿勢を持たせることを目的としている。児童同士が交流を図り、人種や民族の違いから生じる緊張を緩和して良好な関係を築くことができるような教育プログラムを、研究者と学校の教員・スタッフが協力して開発する。

Today we live in a multicultural society. Thailand is no exception. At present, data show that there are over three million migrant workers in Thailand. Among these, approximately 300,000 of them are children. As a result of the 2005 cabinet resolution, Thai government allows children of migrant workers to study in Thai public schools. However, there are many problems that ensue from this policy. The misunderstanding and hostile relationship between Thai students and migrant students is one among them. This research project aims to reduce prejudice among migrant students and Thai students who enroll in Thai public schools and develop positive attitudes among them. In this research project the researcher will work with teachers andadministrators in schools to design education activities that enable migrant students and Thai students to interact and reduce racial and ethnic tensions and then develop positive attitudes.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事