HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D16-N-0073
題目
(Project Title)
アジアにおける加害者家族の現状と支援に関する共同研究—日本、韓国、台湾を中心として—
Joint Research on the Situation and Support for Offender's Families in Asia: Focus on Japan,Korea and Taiwan
代表者名
(Representative)
阿部恭子
Kyoko Abe
代表者所属
(Organization)
NPO法人ワールドオープンハート
NPO WorldOpenHeart
助成金額
(Grant Amount)
 4,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

人権活動を行うNPO法人WorldOpenHeartは、2008年から加害者家族の支援を専門として活動している。当時、国内には、加害者家族を支援する組織や専門家は存在しなかった。加害者家族は、刑事司法や行政による施策などあらゆる支援の網の目からこぼれている存在だった。それゆえ、加害者家族が自責の念から自殺に至るというケースも起きていた。WOHは、あらゆる状況にある加害者家族を500件以上支援してきた経験を有する。刑事弁護士との連携による法的支援を中心として、裁判における減刑や冤罪の防止にも寄与している点が特徴であり、欧米諸国の加害者家族支援とは異なる。アジアにおいて、加害者家族に関する情報や支援組織は極僅かであるが、近年、韓国や台湾で支援の動きが始まってきた。そこで本プロジェクトでは、日本、韓国、台湾を中心としてアジアにおける加害者家族の現状を調査し、アジアにおける加害者家族支援モデルと支援ネットワークの構築を試みる。

WorldOpenHeart(WOH)is a non-profit organization for human rights activities.WOH specializes in supporting "offender's families”It is working since2008,there were no such organizations or experts doing these activities in Japan.The families of offenders were left out in criminal justice and public policy .Even though there were cases of families committing suicide because of the sense of guilt .WOH has handled more than 500 cases of offender's families in every situations.In WOH, criminal defense attorneys take a important role .The legal support activities are essential,as they could result in shorter sentences and even prevent miscarriages of justice.We deem this strong collaborative relationship with legal experts one of the most important and unique features of our support activities.Japanese way of supporting offennder's families are different from the way of western countries.There are a few information and organization for offender's families in Asia, we could find some activities in Korea and Taiwan in recent years.These countries have so much in common with culture and criminal justice.We world like to resarch the situation and support of offender's families in each countries and establish networking system and asian model of them.

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

日本において、加害者家族は、自責の念から自殺に至るというケースが報告され救済が必要な存在であるにもかかわらず、刑事司法や行政といったあらゆる制度の網の目からこぼれ落ちていた。加害者家族は、自ら声を上げることが難しく、加害者家族がどのような状況にあるのかを示す情報も存在しなかった。
 NPO法人WorldOpenHeartは、これまで約1500件のさまざまな状況にある加害者家族の支援を行ってきた。2017年、『息子が人を殺しました』を出版した。本書には、メディアスクラムやスティグマ、無関心に苦しむ日本の加害者家族の数多くの物語が収められている。本書は、韓国及び台湾でも翻訳出版された。韓国及び台湾の加害者家族支援は、受刑者の子どもの支援に限定されており、判決確定前の加害者家族の状況は認識していない。本書は、アジアにおける加害者家族支援の指南書となるだろう。加害者家族という視点から、メディア、刑事司法、家族の在り方を考えなければならない。


The families of offenders are left out in every criminal justice and public policy consideration in Japan. Even though there are cases of families committing suicide due to the extreme sense of guilt. Stigma and shame of being related to an offender also prevent the family members from reacting out for help. Thus, there exists virtually no official data on the situations of offenders’ families, one of the most marginalized populations in japan.
“World Open Heart” has handled about 1500 cases of offenders’ families under varying circumstances.
 Kyoko Abe published a book “My Son Killed a Person” in 2017. This book has a lot of stories of the families of offender’s who are suffer from media scrum, stigma and ignorance in Japan. It has published in Korea and Taiwan. Support activities in Korea and Taiwan only focus on the care of children parent in prison. They have not recognized the situation of the families during police investigation and trial. This book would be useful as an Asian text of support activities for the families of offender’s and suspects. We should consider the way of media, criminal justice and family from a perspective of the families of offender’s.

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事