HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D16-N-0197
題目
(Project Title)
アートの創造性を通じた子どもを育む環境づくりの考察
Creating a New Environment of Raising Children Through the Creativity of Art
代表者名
(Representative)
山野真悟
Shingo Yamano
代表者所属
(Organization)
認定特定非営利活動法人黄金町エリアマネジメントセンター
Koganecho Area Management Center
助成金額
(Grant Amount)
 4,200,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

本プロジェクトは、経済格差による子どもの教育格差の課題とアートを通じた新たな解決案を模索するものである。韓国・清州にて活動する非営利団体653芸術商会と日本・横浜で活動するNPO法人黄金町エリアマネジメントセンターが「子どもの教育格差」という課題解決に向けて協働し、子どもたちの日常的な居場所「BASE」作りと、日韓アーティスト、子ども、地域住民がチームになってパブリックアートを制作、まちの中で展示する。今回のプロジェクトにおいてアーティストは言語や領域を超えた形で社会とつながりを持ち、作品を通して課題に対する批判や問題提起をする存在であり、子どもたちと一緒にパブリックアートを制作し、文化活動を介した学びを体験させていく。そうして、子どもたちに、学習の機会を増やすことは言うまでもなく、作品として視覚化される個々のプライベートな問題が、コミュニティの中で共有と共感につながることを目指す。

This project is intended to seek a new resolution proposal through the challenges and Art of educational inequality of children due to economic disparities. South Korea, a non-profit organization 653 Arts Chamber of Commerce and the NPO Koganecho area management center to work in Yokohama, Japan to work in Cheongju is cooperate towards solving problems of "Children of educational inequality", day-to-day of children production and whereabouts "BASE" making, Japanese and Korean artists, children, local residents a public art become a team, the exhibition in the town. In this project artists have a social ties in a way that was beyond the language and area, is the presence of the raised criticism and problems to the problem through the work, to learn that children bee created a public art together, through the cultural activities go by experience. Then, to children, to increase the opportunities for learning, not to mention individual private matter to be visualized as a work, aim to lead to empathy and shared in the community.

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

本プロジェクトでは、韓国・清州にて活動する非営利団体653芸術商会と日本・横浜で活動するNPO法人黄金町エリアマネジメントセンターが「子どもの教育格差」という課題解決に向けて協働し、子どもたちの日常的な居場所「BASE」作りと、日韓のアーティストと子どもの協働によるパブリックアートの制作・発表を行った。清州と黄金町では子どもたちを取り巻く環境は大きく違うことがわかった。アートの創造性を持って子どもたちと向き合い、学びの場を提供するためには、同じ方法論や過去の経験を適用するだけでなく、むしろそこから逸脱する子ども達の個性や創造性に寄り添いながら進めることこそが重要だと学んだ。そのような関係性の中から読み取られる課題を、さらに次のプロジェクトへと活かしていく、そうして初めて、子どもたちの目線に沿った「子どもたちを育む環境づくり」に寄与できるのではないかと考える。

We strive to eliminate educational inequality among children through this collaborative project between 653 Art Firm and Koganecho Area Management Center, NPOs based in Cheongju, Korea and Yokohama, Japan, respectively. As part of this initiative, we established "BASE", an everyday gathering space for children, and produced/presented public art created in collaboration by Japanese/Korean artists and children. We found that children in Cheongju and Koganecho face different environments. We learned it is important to not only apply standard methodologies and past experiences, but to also leverage the character and creativity of children, who deviate from such accepted practices, to harness the creativity of art to engage with the children and provide a learning space. When we leverage the issues learned from these relationships to succeeding projects, we can finally contribute to the creation of a space that fosters learning and that is eye-level with children.

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事