HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D16-N-0201
題目
(Project Title)
日本やフィリピンの地方の生活様式や伝統文化の価値の再発見のための「竹」を軸としたワークショップマニュアルの制作と実践
Bamboo Workshop Manual Making Towards Redefining the Value of Traditional Lifestyle in Rural Japan and the Philippines
代表者名
(Representative)
山下 彩香
Ayaka Yamashita
代表者所属
(Organization)
EDAYA
EDAYA
助成金額
(Grant Amount)
 4,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

共に失われつつある日本とフィリピン両方の山岳地帯の生活様式や伝統文化の価値を、両地域にとって身近な存在である「竹」を切り口に具体的に体験・再発見することで、人々(特に若い世代)の関心を高め、地域の過疎化といった地域の抱える問題への解決へつなげることはもとより、その学び・再発見のプロセスを通して、両地域に、伝統と現代的ニーズが融合した新たな暮らしの文化の可能性を提案するプロジェクトである。「竹」という一つの軸を通して、2つの地域を見る学びあいや交流の場は、自分の地域の中にいては気づけなかった意外な発見を触発し、さらには地域を超えて共通する課題に対して共に解決方法を模索する機会をも生み出す。具体的には、①新しい文化構築のための「竹」を軸としたワークショップのフレームへの提言 ②提言ならびに提言が完成するまでの過程を映像、写真で記録したものが掲載されたウェブサイトの2つを成果物とする。

This is the project to redefine the value of vanishing rural mountain traditional culture both in Japan and the Philippines thorough making bamboo workshop manual. By visiting each country and learning their practices, we could have chance to see ourselves from more objective point of view and that will make quality workshop manual. Since Bamboo is a common material in all over rural Asia, we aim that this workshop manual will contribute for building up new tradition of sustaining culture not only in the project area but also in the other rural Asia.

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

本プロジェクトは、フィリピンのルソン島北部山岳地帯と、日本の高知県土佐山を対象地とした。そして、それぞれの地域ごとの文脈で失われつつある山の暮らしや伝統文化の価値を、各地域にとって身近な存在である「竹」を切り口に具体的に体験・再発見することで、人々(特に若い世代)の関心を高め、そしてその学び・再発見のプロセスを通して、各地域に、伝統と現代的ニーズが融合した新たな暮らしの文化の可能性を提案することを目的とした。本プロジェクトは大きく3つのフェーズで構成されており、フェーズ1として各地域での竹文化や竹の使われ方に関する調査・分析を行った。フェーズ2としては、日本とフィリピンでワークショップを行い「Bamboo Glocal Village」という教材・モジュールの制作に至った。期間中に、カリンガ族の村とバギオの竹の祭典Cordillera Bamboo Dayでプロトタイプを実施した。フェーズ3が、成果物であるモジュール案、ウェブサイト、映像の公開である。

The aim of the project was to design workshop that redefines the value of vanishing traditional mountainous cultures in Tosayama, Kochi Japan and Northern Luzon Philippines, through the use of Bamboo as a common material. The learning process led us to discovering and creating solutions to some of the problems shared by rural communities in Asia and thereafter creating a new culture that harmonized traditional and modern values. This project consisted of three phases. First was the research and analysis of each bamboo culture and usages of bamboo. The next step was designing the workshop module for the Bamboo Glocal Village. Part of that, we conducted prototype workshops in rural village in the Philippines (Magsilay, Kalinga) and during the Cordillera Bamboo Day Festival in Baguio City. Finally, we released the module idea, website and the video.

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事