HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 研究助成 Research Grant Program  /  (A)共同研究助成  (A) Joint Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D16-R-0032
題目
(Project Title)
富の再分配、収入格差 、社会的価値観 、福祉制度に対する国ごとの考え方に関する考察
Revisiting Cross-national Variations in Preference for Redistribution: Attitudes to inequalities, social beliefs, and welfare systems
代表者名
(Representative)
セバスチャン・ルシュバリエ
Sébastien Lechevalier
代表者所属
(Organization)
フランス国立社会科学高等研究院日仏財団
Fondation France-Japon de l'École des hautes études en sciences sociales (EHESS)
助成金額
(Grant Amount)
 4,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

    政府による富の再分配の手法は国ごとに大きく異なるが、それはその国の人びとの再分配に対する考え方が違うことに起因するのではないだろうか。この前提に立って米国とヨーロッパを比較した過去の研究やこれらの相違に対する説明は、収入など個人的な要因を単に集合させたものから、国のレベルで共有される価値観のように、より総合的な見地から分析するものまでさまざまだ。
    本プロジェクトでは、米欧に日本を加えた比較研究を行うことにより、過去の研究内容をさらに掘り下げる。具体的には、2009年の国際社会調査プログラム に基づいて、社会経済的要因と社会的価値観が日米欧の再分配に対する考え方にどのように影響しているのかを検証する。各種調査によれば 、ヨーロッパと米国の間では「収入格差が原因で不幸だと感じる度合い」と「富の再分配を求める度合い」において明白な違いが見られる。日本は米欧の中間に位置するが、その両者の関係に対する合理的説明はまだ明らかになっていない。本プロジェクトによりそれを明らかにし、本題に関するこれまでの研究を支える説明材料としたい。

    There are significant differences across countries in terms of redistribution by the government and they may correspond to underlying dissimilarities in preference for redistribution across the population of these countries. In particular, previous literature has compared the US and Europe from this viewpoint and proposed several explanations of these differences, from aggregation of individual determinants (e.g. one's income) to more holistic ones such as shared values at the national level. The purpose of this research project is to contribute to this literature by extending the comparison between Europe and the US in including the case of Japan. More precisely, by relying on the 2009 issue of the International Social Survey Program, our aim is to test whether a same set of socio-economic variables and social values have different impacts across the three regions. While there are clear differences between Europe and the US regarding both the level of unhappiness due to the level of inequalities and preference for redistribution, Japan stands in the middle. Moreover, the rationale underlying Japanese patterns regarding social values is still unclear and a purpose of this research project is to provide some explanations that make possible a generalization of previous literature on the topic.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事