HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 研究助成 Research Grant Program  /  (B)個人研究助成  (B) Individual Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D16-R-0083
題目
(Project Title)
環境デザインと健康―認知症患者のケア施設において環境デザインが果たす役割―
Positive Health Outcomes by Environmental Design: The role of spatial configuration in designing physical environment for people experiencing dementia
代表者名
(Representative)
ファルハナ・フェルドゥース
Farhana Ferdous
代表者所属
(Organization)
ハワード大学
Department of Architecture, College of engineering and Architecture, Howard University
助成金額
(Grant Amount)
 1,200,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

    物理的な環境は高齢者が社会とかかわりを持つ上でどのような役割を果たすのか―このテーマは環境老年学 の中心的な課題として長年にわたって研究されてきた。世界の60歳以上の人口は2050年までに20億人 に達すると予測される一方で、認知症高齢者の数は現在およそ2,500万人。2040年には8,000万人を超えると見られている。
    近年、環境行動学の分野では、人間の身体や行動は物理的環境によって変化し、個人ばかりでなく集団や組織もまた環境の影響を受ける、と考える研究者が増えつつある。しかし高齢者、特に認知症の高齢者が居住するケア施設の環境を検証した研究はほとんどない。
    そこで本プロジェクトでは、これまでの研究を基に、接続性(=移動のしやすさ)と統合性(=距離の近さ)に配慮して設計されたケア施設では、入居者はより活動的になり、社会とのつながりも促進される」との仮定に立って、認知症高齢者向けケア施設の居住環境を検証する 。
    体を動かすことと社会とつながりを持つことは、認知症の治療において効果が非常に高いとされ、患者の健康レベルの向上にも直接的な効果があると言われる。本プロジェクトを通じて「環境デザインには、認知症高齢者に身体活動の活発化と社会とつながる機会の増大をもたらし、認知症の進行を緩和する力がある」ということを証明したい。

    The relationship between the physical environment and prevalence of social interaction have been a core topic of inquiry in environmental gerontology. By 2050, it has been estimated that the world will number 2 billion older adults, aged ≥60 years. Among them around 25 million people worldwide have dementia, and the number of people with dementia is predicted to exceed 80 million by 2040. A growing body of literature in the areas of environment-behavior studies shows that the physical environment affects positive behavioral and physical changes, in turn, affecting individual, group and organizational outcomes, but little research has focused on older adults especially those with cognitive impairment by examining the indoor-outdoor environment of care facilities. Based upon previous research this study hypothesizes that the spatial configurations of care facilities (indoor and outdoor) characterized as having greater connectivity (accessibility) and integration (proximity) should promote a greater occurrence of physical activity and social interaction, which often is viewed as the most therapeutic and directly related to the quality of residents' positive health outcome. As an expected outcome, this study will be able to establish that by combining physical activity with social interaction, the environmental design could have a protective effect against dementia.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事