HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 研究助成 Research Grant Program  /  (B)個人研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D16-R-0136
題目
(Project Title)
修復的司法における対話メカニズムの解明
Examining the Dialogue Mechanism in Restorative Justice
代表者名
(Representative)
鈴木 政広
Masahiro Suzuki
代表者所属
(Organization)
グリフィス大学大学院犯罪学研究科
School of Criminology and Criminal Justice, Griffith University
助成金額
(Grant Amount)
 500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

    修復的司法とは犯罪により被害者・加害者間に生じた害を直接対話を通してその関係を修復することを志向する新たな司法の形であり、日本でも導入が検討されている。数多くの評価研究がなされ、参加者の満足度や再犯などの多くの点において従来の刑事司法よりも優れていることが判明している。しかし、修復的司法が対話というプロセスを重視したものであるにもかかわらず、その対話メカニズムに関しては未だ良く明らかになっていない。そこで本研究では、修復的司法の対話プロセスにおけるどの要因が修復的な効果をもたらすのかを定量的に特定することを目的とする。データ収集地はオーストラリア・ヴィクトリア州の修復的司法とし、100のプロセス(被害者・加害者各100人)をサンプルとする。(1)直接対話前にサーベイを用いて参加者の状態を計測し、(2)直接対話において参加者がどのように対話・交流するかを非参与観察して計測し、(3)直接対話後に再びサーベイを用いて参加者の状態(満足度、プロセスの公平さ、感情的回復、相互理解、謝罪の誠実性)を計測する。

    Several studies have demonstrated benefits of restorative justice (RJ) conferencing for victims in the areas of satisfaction, fairness and redress, and for offenders in the areas of accountability, compliance and reoffending. To date, however, there is far less research regarding why RJ may or may not work in terms of such RJ outcomes. This study seeks to explore the determinants of such RJ outcomes. I will utilize a mixed-methods approach, specifically (1) a pre-conference survey to measure participants' readiness; (2) conference observations to examine participant interactions; and (3) a post-conference survey to measure RJ outcomes. The sample size in this research will be 100 pairs of victims and young offenders who are in the same RJ conference.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事