HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 研究助成 Research Grant Program  /  (A)共同研究助成  (A) Joint Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D16-R-0167
題目
(Project Title)
戦後の謝罪に果たすメディアの役割―市民社会は和解にどう貢献できるのか―
 
Embedding the Apology in the Media: How civil society contributes to reconciliation
代表者名
(Representative)
クラウディア・アスタリタ
Claudia Astarita
代表者所属
(Organization)
メルボルン大学アジア研究所
Asia Institute, The University of Melbourne
助成金額
(Grant Amount)
 5,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

    戦争が終わった後でかつて敵だった者同士が和解することは容易なことでない。そのプロセスには苦痛が伴う。平和はトップダウンでもたらされるものではなく、実現には市民社会全体が参加することが求められる。しかし過去を鑑みるに、政府の公式な謝罪が儀礼的ではあるものの、平和と和解を推し進める上で効果的な役割を果たしてきたことも事実である。また昨今では、国際レジームこそが世界の安定を強固にする最善の仕組みであるという意見をよく耳にする。
    本プロジェクトでは、「公式な謝罪」「国際レジームの構築」「戦後の平和」の関係を紐解き、メディアと市民社会がいかに人びとの記憶に影響を与え和解を促してきたのか、それらの役割の大きさを明らかにする。具体的には、日本、ドイツ、イタリアのケーススタディを通して、第二次世界大戦終結後の謝罪に関する世論の形成にメディアが果たした役割と、メディアによるレトリックが戦後世界の平和と安定に及ぼした影響 を検証する。さらにインタビューや文献調査を行い、メディア、特にニュースメディアを新たな価値観や考え方を広める強力なツールとして活用し、和解プロセスの中に市民社会を抱き込むに至らしめた新たな認識の枠組みとパラダイムを考証する。
    メディアと市民社会との間に生じた相乗効果およびそれが一般市民にもたらした新しい価値観の影響力に関して考察し、得られた研究の成果については、ワークショップや学術誌、政策文書、ドキュメンタリー作品を通じて論議を進めていきたい。

    Lasting reconciliation with former enemies after a war is a difficult and often distressful process. Peace is not a top-down practice and the entire civil society must be involved to make it successful. Official apologies have often been perceived as a symbolic yet effective tool to promote peace and reconciliation, and international regimes are often quoted as the optimal structure to consolidate stability. This project untangles the connections between formal apology, regime building and peace in post-war contexts, illustrating the critical role of media and civil society in influencing collective memory and fostering reconciliation. The case studies of Japan, Germany and Italy provide empirical evidence on how media critically shaped the narration of post-Second World War events and how this interpretation is instrumentally linked to the rhetoric on peace and stability. Interviews and archival research are used to elaborate on new cognitive frameworks and paradigms to transform media, and in particular new media, into powerful tools to spread new values and perspectives, embedding civil society in a virtuous reconciliation process. Findings on media-civil society synergies and their capacity to promote new values for the general public will be discussed in workshops, academic journals, policy papers, and a documentary film.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事