HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 研究助成 Research Grant Program  /  (A)共同研究助成  (A) Joint Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D16-R-0211
題目
(Project Title)
「人の移動」を語り合うメッセージング―変化する世界で移民や人の移動を語る新たなサービスの研究と創設―
Messaging Mobility: Exploring and creating new narratives about migration and human movement in a changing world
代表者名
(Representative)
ウィリアム・アレン
William Allen
代表者所属
(Organization)
オクスフォード大学移民・政策・社会センター
Centre on Migration, Policy, and Society, University of Oxford
助成金額
(Grant Amount)
 6,400,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

    グローバル化が進む現代において、移民を含めた人の移動は「国とは何か」「社会とは何か」という疑問を市民や政治家に投げかけている。これは差し迫った重大な問題であり、人びとは人の移動とその影響をめぐって、より効果的なコミュニケーションを求めている。しかし何をもって「効果的な」メッセージングとみなすのかについては明確でない。しかも移民について語り考えるための基準となる価値観の、社会全体にわたる枠組みには、市民の考えが十分に反映されていなければならない。
    本プロジェクトは、「優れたコミュニケーションとは、自ら語るだけでなく他者の意見や価値観に耳を傾けることである」という前提に立つ。社会を構成する全ての人びとと平和的に理解し合える関係を築くには、このような倫理観や、社会参加的なものの考え方が重要である。
    「人の移動」を語り合うメッセージングは、次の2つの問題を解決する。1つ目は、移民を語る新しい「効果的な」メッセージングとはどのようなものか。2つ目は、どのような価値観や技術、アプローチを新たに出現させることになるのか。
    この研究では、3つの手法を活用する。まず移民について過去にメディアで用いられた文章表現を分析する。次に、英国市民を対象に、どのようなコミュニケーションが移民に対する市民の認識を変えうるのかを調べる。最後に、移民問題をどのように定性的に理解しているのかを自分の言葉や現場体験を使って表現するという、演劇などで用いられる参加型の手法を活用する。

    Migration and human mobility confronts citizens and politicians with questions about the nature of contemporary states and societies in a globalised world. These issues are both urgent and profound. They demand more effective communication about mobility and its impacts. But, it's not clear what 'effective' messages look like. Furthermore, deeper reflection with members of the public is required on an overarching framework of values that can guide how we talk and think about migration. This project begins from the premise that good communication is about listening to others' ideas and values as well as talking. These ethical and participatory elements are critical for building more just, peaceful, and understanding relationships among all members of society. 'Messaging Mobility' addresses two questions: what would new, 'effective' narratives on migration look like; and what values, techniques, and approaches would they invoke? It uses three methods: textual analysis of media coverage to establish past ways of communicating about migration; survey experiments among the UK public that test potential communicative drivers of public perceptions about migration; and participatory methods including the use of dramatic arts to qualitatively understand how people make sense of the issue using their own words and local experiences.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事