HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 研究助成 Research Grant Program  /  (A)共同研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D16-R-0238
題目
(Project Title)
モンゴルのウラン鉱床近郊の住民主体被ばく対策活動―有効な支援手法や活動強化要因の検証―
Community Initiative of Activities for Preparing against Radiation Exposure in the Vicinity of a Uranium Mine in Mongolia: An effectiveness study of assisting approaches and influential factors
代表者名
(Representative)
山田 智惠里
Chieri Yamada
代表者所属
(Organization)
福島県立医科大学大学院医学研究科
School of Graduate Education, Fukushima Medical University
助成金額
(Grant Amount)
 6,200,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

    モンゴルでは東部3県に8か所のウラン鉱床があり、現在はすべて閉鎖されている。しかし、ウランの不法採掘や不法投棄が非公式に報告されている。このような不法投棄された廃棄物等を放置しておくと、放射性物質が風雨や地下への浸透によって流出・飛散し、やがて人体へ取り込まれることが懸念される。しかし鉱床の近隣に住む人々に関する被ばくによる健康影響や環境影響に関する報告例はなく、その実態は不明である。人々は必要な情報を得ていない可能性が高い。
    福島原発事故前の放射能汚染と健康被害に関する住民の知識は乏しく、事故後にどう対応すべきかを知らず、地域は混乱を極めた。この福島の経験を踏まえ、他の国では同様なことが起こらないように、人々が情報と知識を得て自ら考行動し、被ばく被害を最小限にする行動をとることは重要で意義がある。
    そのために対象村の被ばくと住民の健康状態の実態を調べ、結果をもとに村民による「被ばく対策を通じて健康を守る」活動を導入する。住民が主体となって活動内容を協議し、実行・継続してゆくまで、社会文化的影響要因等も考慮していくつかの活動支援・強化手法を提供し、それぞれの有効性を検証する。

    There are eight uranium mines in Mongolia, which the government closed in 1990s. However, some organizations reported in the internet illegal mining and dumping of radiation substances. Such uncontrolled radiation dumping may cause people's severe health issues. There is no reports of radiation exposure and health disorders among people who live in the vicinity of the mines in Mongolia. Moreover, the people might not know the situation.
 Before the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident in 2011, the residents did not know about radiation contamination and health disorders. Then when it occurred, the people did not know how to act and suffered from the accident. Based on these facts, we shall share our experiences and assist Mongolians to prepare against radiation exposure and maintain their health.
    Therefore, we propose a project that is consisted of two parts, a) to study their environmental radiation level and health status, and b) to introduce a community initiative of activities in order to keep their good health through preparing against radiation exposure. The study will assist them by sharing correct information and technical approaches fostering the activities. We will verify which approaches were effective and efficient, and what factors were more influential to enable and sustain their activities.

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

D16-R-0238 
モンゴルのウラン鉱床近郊の村民の健康と被ばく対策の地域住民活動の推進に有効な手法や強化要因の検証
An introduction of community participation activity for health management through radiation exposure monitoring to people living in the vicinity of uranium mine in Mongolia and on-the-spot verification of approaches and factors fostering the activity.

山田智惠里 福島県立医科大学医学研究科 教授
Chieri Yamada, Professor, Graduate School of Medicine, Fukushima Medical University

1 プロジェクト概要
 東日本大震災に続いた福島原子力発電所事故後福島県をはじめ多くの地で人々は被ばく被害に不安を募らせた.被ばく災害は世界中どこでも起こりうるため,より多くの人々が放射線理解と防災に備える体制を整えるためのアクションリサーチを実施した.対象はモンゴル国ドルノゴビ県サインシャンド町ズーンバヤン地区で今後採掘が開始されるウラン鉱床がある.
 2017年6月放射線と被ばくに関する知識を得て自ら健康を守る住民主体の活動を開始した.地域としての防災・緊急事態へのレジリエンス能力を高めるためにどのような介入が有効であるか,確認しつつ展開するアクションリサーチを行った.県保健局,県環境モニタリング局,地区役場,地区病院と連携した.
 住民への動機づけとして成人と小児の健康診断,地区内の空間放射線線量測定を行い,それらの結果を住民に報告した.ズーンバヤン病院長等3名を本邦に招へいし防災,被ばく,健康調査,リスクコミュニケーション等研修を行った.帰国後3名はファシリテーターとなり,地区内のヘルスボランティア,看護師,教員,学生等によるワーキンググループを編成し,四半期ごとに会合を持つことにした.グループメンバーは健康,災害と防災,放射線等について学び,緊急時要援護者確認やリスクアセスメント等調べて発表し話し合いを行った.会合後にメンバーは毎回受け持ち地域の個別訪問により得た知識や情報を住民へ伝達した.
 2018年9月には役場と病院共催で住民フェアを開き,健康と放射線,ファーストエイドや緊急時対応について説明や話し合いの場が設けられた.2019年1月には地区独自の防災冊子が作成され,ワーキンググループメンバーを通して説明と共に全戸へ配布された.
 住民主体活動の導入は順調に進み,地域としての防災・緊急時対応力も蓄積されてきた.健康診断と放射線線量測定の実施,報告は住民の健康と被ばくへの関心を高めた.県,地区の全面的協力が得られたこと,数10年前から戸別訪問によるヘルスプロモーション活動が活発であったことも強化要因であった.当研究で地元人材を育成し教材開発スキルを修得させ,ボランティアや病院職員によるグループワークとその結果の住民への伝達,徐々に活動の主体を住民へ移動したこと,住民による定期的放射線線量測定などが活動推進に有効であった.今後もズーンバヤン地区の支援を継続し,全国へも拡大したいと考えているモンゴル側を支援する.

2 成果物
ズーンバヤン地区住民への配布用リーフレット3種類(健康診断結果の見方と健康知識,放射線の基礎的知識,リスクコミュニケーションとは) 全戸配布,防災冊子1冊(ズーンバヤン地区用) 全戸配布
論文(査読有): 1) 山田智恵里、Bolormaa Tsedendamba、 堀内輝子、片桐和子、末永カツ子、Enkhtuya Palam.(2018).モンゴルでの被ばく対策住民活動の導入:介入前調査報告.日本国際看護学会誌,1(1):25-34.2) Yasutaka Omori, Atsuyuki Sorimachi, Manlaijav Gun-Aajav, Nyamdavaa Enkhgerel, Galnemekh Oyunbolor, Enkhtuya Palam and Chieri Yamada. Elevation of gamma dose rate by construction of the Asian highway 3 (ah3) between Ulaanbaatar and Sainshand, Mongolia. (2018). Radiation Protection Dosimetry, 1–8. doi:10.1093/rpd/ncy173. 3) Yasutaka Omori, Atsuyuki Sorimachi, Manlaijav Gun-Aajav, Nyamdavaa Enkhgere, Ganbat Munkherdene, Galnemekh Oyunbolor Amarbileg Shajibalidir, Enkhtuya Palam, Chieri Yamada. (2019). Gamma dose rate distribution in the Unegt subbasin, a uranium deposit area of Dornogobi Province, southeastern Mongolia. Journal of Environmental Radioactivity: under review. 
シンポジウム発表2回,学会発表3回,その他1回.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事