HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 研究助成 Research Grant Program  /  (A)共同研究助成  (A) Joint Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D16-R-0242
題目
(Project Title)
高齢者向け介護ロボットの検証―テクノロジーを利用した高齢者介護と福祉の実現に向けて―
Assessment of Socially Assistive Robotics in Elderly Care: Toward technologically integrated aged care and well-being in Japan and Australia
代表者名
(Representative)
アンソニー・エリオット
Anthony Elliott
代表者所属
(Organization)
南オーストラリア大学
University of South Australia
助成金額
(Grant Amount)
 5,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

    高齢化が進み、人口に占める高齢者の割合が増加している。21世紀において世界各国が抱える大きな課題の1つである。そうしたなか、高齢者福祉に寄せられる期待に応え、介護費用の上昇を抑制するため、介護の新しい形としてロボットの導入が進められている。
    本プロジェクトでは、高齢者の自立支援においてロボットが果たす役割 を検証する際に基準となる概念や方法論を構築するとともに、高齢者の社会的孤立 といったリスクについても検証する。またオーストラリアと日本で開発中、またはすでに現場で使用されている介護ロボットを比較することにより、介護ロボットのあり方を規定する 社会的・文化的要因を特定する。
    本プロジェクトにより、介護ロボットが高齢者の社会参加に果たす役割への理解が促進され、ロボットの利用により効率的かつ低コスト介護サービスの提供が可能であることが証明されるであろう。
    プロジェクトの成果は学術論文などさまざまな機会 を通じて発表される。また2019年には、在日オーストラリア大使館(東京)と南オーストラリア大学(アデレード)において、関係者による会合が開かれる予定である。

    Population ageing a shift in the distribution of a country's population towards older ages - represents one of the great global challenges of the 21st century. As a consequence "socially assistive robotics" have been incorporated into new models of care to meet rising expectations regarding aged wellbeing, as well as to contain escalating costs of care provision. This project develops innovative conceptual and methodological platforms to examine how elderly people might interact with technologies to enhance their engagement with the world. It will also assess risks such as social isolation. Comparisons of socially assistive robotics currently being developed for or applied in care settings in Australia and Japan will be made to identify the social and cultural factors that influence how people in specific contexts interact with these technologies. The project will advance understanding of how socially assistive robotics provide older citizens with novel ways of participating in social life, underpinning new care values relating to effective and low-cost service provision. Findings will be disseminated through academic and non-academic research outputs. Stakeholder Summits will be convened in both Tokyo, at the Australian Embassy, and in Adelaide at UniSA in 2019.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事