HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 研究助成 Research Grant Program  /  (B)個人研究助成  (B) Individual Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D16-R-0243
題目
(Project Title)
「お荷物」から「恩恵をもたらす人びと」へ―カンパラとベルリンにおける難民主導型人道支援の事例―
From "Burdens" to "Benefits": Exploring refugee-led humanitarian assistance in Kampala and Berlin
代表者名
(Representative)
エヴァン・エリース・イーストン‐カラブリア
Evan Elise Easton-Calabria
代表者所属
(Organization)
オクスフォード大学難民研究センター
Refugee Studies Centre, University of Oxford
助成金額
(Grant Amount)
 1,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

    近年、世界では住み慣れた土地を離れざるをえない人びとが著しく増加しており、人道支援組織の対応が追いつかないこともしばしばである。実は支援組織による正式な支援と並行して、難民自身が仲間やコミュニティを支える活動を行っているケースは少なくない のだが、難民で構成される組織は支援の正式なパートナーとして認められておらず、難民主導型の人道支援に関する研究はほとんど行われていないのが現状である。
    そこで本プロジェクトでは、難民主導型支援の取り組みのうち、とりわけ関与度と緊急度の高い事例について検証する。具体的には、ウガンダのカンパラで長期にわたって難民生活を続けるコンゴ難民と、ドイツのベルリンに渡って間もないシリア難民による取り組みである。定量・定性調査により、コンゴ難民とシリア難民による難民主導型支援の実情を初めて明らかにするとともに、難民に対する一般の人びとの認識を「お荷物」から「恩恵をもたらす人びと」へと変える一助となりたい。また受容と連携を核心的な価値とする人道支援モデルの構築もめざす。
    本プロジェクトの成果は、政策立案者や支援関係者らに向けた提言や、難民向け難民主導型支援ガイドの作成に活かされる。また専門誌への記事投稿、関係者向けワークショップの開催、ポットキャスト配信などを通じて、政策関連分野の研究を推進し、難民主導型の取り組みが現在の難民支援モデルを根本から変える可能性があることを示したい。

    More people are displaced in the world than ever before,and humanitarian organisations are often overwhelmed with the amount of people in need. Yet alongside formal organisations, refugees help themselves and their communities in significant ways. However,little research exists on refugee-led humanitarian assistance,and refugee-led organisations are ignored in calls for formal humanitarian partnerships. This research examines refugee-led assistance initiatives in two refugee contexts of particular relevance and urgency: the long-term displacement of Congolese refugees in Kampala, Uganda, and the recent arrival of Syrian refugees in Berlin, Germany. Through qualitative and quantitative research, I aim to create the first evidence base of refugee-led assistance amongst Congolese and Syrian refugees, help transform the public perception of refugees from 'burdens' to'benefits',and develop a humanitarian assistance model with the values of inclusivity and partnership at its core. Based on my findings,I will provide recommendations for policymakers and practitioners and create evidence-based guides for refugee-led assistance aimed at refugees. Through journal articles, stakeholder workshops, and a podcast series for the public, I aim to advance a new policy-relevant area of study and demonstrate how refugee-led initiatives can fundamentally transform our existing refugee assistance models.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事