HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 研究助成 Research Grant Program  /  (A)共同研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D16-R-0286
題目
(Project Title)
太平洋島嶼国からの気候変動難民が移転先で生活を円滑に再建するための施策―難民とホストコミュニティー住民の融和に向けて―
Measures for Smooth Livelihood Re-establishment of Climate Refugees from Island States in the Pacific: Towards harmonization of climate refugees and the residents of host community
代表者名
(Representative)
中山 幹康
Mikiyasu Nakayama
代表者所属
(Organization)
東京大学大学院新領域創成科学研究科
Graduate School of Frontier Sciences, The University of Tokyo
助成金額
(Grant Amount)
 5,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

    幾つかの太平洋の島嶼国では今後30年から50年の内に、気候変動による海面上昇で国土が水没し、国民は「気候変動難民」として他国に移転することを余儀なくされる。これらの移転者が、移転先のホストコミュニティーと融和して生活を再建するための方法論を確立することは国際社会にとって火急の課題である。移転者が移転先のコミュニティーとの摩擦を生じずに生活を再建するための方法論を、本研究により得られる知見から政策提言することが本研究の目的である。具体的には、気候変動による移転は移転のプロセスが10年から20年に亘ることに着目した「長期に亘る緩慢な移転」、「集団移転ではなく個別移転」、「ホストコミュニティーに喜ばれるセクターに就業」、「第二世代による交流が融和の起因」などの方法論の有効性を検証する。既に多くの移転者を受け入れた地域の実例を精査することを通じて、難民を送り出す国,受け入れる国、支援を与える国際社会、の三者が為すべき、「社会の新たな価値の創出」を志向した施策を政策提言する。

    Some islands states in the Pacific are supposed to be submerged by sea level rise within 30 to 50 years. People of these nations will be obliged to relocate to other countries as climate refugees. New methodology should be established so that these climate refugees may re-establish their livelihood after relocation by maintaining a good relationship with the host community. Climate refugees may have as long as a couple of decades for planning relocation. This feature should be taken into consideration for planning. We plan to examine the effectiveness of some modalities for relocation such as "slow-onset relocation of climate refugees", "relocation as individuals not as groups", "Securing jobs in the sectors appreciated by the host community" and "harmonization with the host community through exchange of the second generation". Policy recommendations towards "creation of new societal value" will be developed and shown to the islands states in the Pacific, host countries of future climate refugees, and international donors, so that they may better address the issue of climate refugees.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事