HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 研究助成 Research Grant Program  /  (B)個人研究助成  (B) Individual Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D16-R-0408
題目
(Project Title)
BRCA遺伝子変異を持つ女性の乳がん発症を防ぐための意思決定方法に関する新しい価値の考察
Exploring a New Value of Shared Decision-making for Prevention of Breast Cancer in Women with BRCA Gene Mutations
代表者名
(Representative)
ヨー・カー・シー
Yeoh Kar See
代表者所属
(Organization)
マラヤ大学医学部
Faculty of Medicine, University of Malaya
助成金額
(Grant Amount)
 1,300,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

    世界のどの国においても、乳がんは女性が最もかかりやすいがんである。とりわけBRCA(乳がん)遺伝子変異を持つ女性は、そうでない女性に比べて乳がんを発症するリスクが非常に高い。発症リスクを下げる治療法は多岐にわたり、それが体に与える影響もさまざまである。したがってその両方を考慮した上で治療方針を決めなければならないが、周囲からの差別や「がん患者」という烙印を押されることを恐れて、乳がん予防に向けた治療に対して及び腰になる女性は少なくない。意思決定に対する支援体制も不十分である。パターナリズム (父権主義)が根強い医療の世界では、医師は女性にとって専門家あるいは絶対的な存在であり、意思決定が受け身になる傾向がある。
    そこで本研究では、医師と患者とで意思決定を行うことにより、乳がん発症リスクを減らし、女性のQOL(生活の質)を向上させることをめざす。具体的には、その国の文化、言語、乳がん予防のためのヘルスリテラシー などを勘案した意思決定支援ツールを開発し、試験運用を行った上で医師に配布する。また同ツールに関する情報提供サイトも立ち上げる。
    本プロジェクトによって、将来世代を含む全ての女性が不安のない環境で医師と共に意思決定を行い、自分自身の価値観や目標、好みに合った決断ができるよう手助けしたい。
 

    Breast cancer is the most common cancer in women worldwide. Women with inherited BReast CAncer (BRCA) gene mutations have a very high risk of developing breast cancer compared to the general population. To reduce their risks of breast cancer, women have to face difficult decisions on multiple complex medical options and health outcomes. However, the threat of discrimination and stigma compromises her ability to take full advantage of her medical options to prevent breast cancer. Also, women are not provided with decision support to facilitate their decision-making process. Cultural paternalism is common, whereby women view clinicians as the expert or authority, and are often passive during decision-making. 
    Thus, this research aims to reduce breast cancer risk and improve quality of life for women through a new value of shared decision-making with their clinicians. To achieve this objective, a decision aid that integrates culture, language and health literacy for breast cancer prevention will be developed, pilot-tested and distributed to clinicians. A resource website for the decision aid will also be developed.
    This project expects to empower women and their future generations towards decisions that are more aligned to their personal values, goals and preferences through shared decision-making in a safe environment.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事