HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 研究助成 Research Grant Program  /  (B)個人研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D16-R-0543
題目
(Project Title)
「イクメン」はわが国の父親のありようの理想像といえるのか―「イクメンブーム」がもたらした影響とそれにより失った何かを問い直す―
Should "Ikumen" be Ideal Model of Fathers in Japan?: The effect of "ikumen" boom and something that we lost by the boom
代表者名
(Representative)
竹原 健二
Kenji Takehara
代表者所属
(Organization)
国立研究開発法人国立成育医療研究センター研究所政策科学研究部
National Center for Child Health and Development
助成金額
(Grant Amount)
 1,300,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

    「イクメン」は父親自身が望む父親の一つの理想像なのであろうか。そして、「イクメン」ブームは我々の社会と、父親の役割やありようを巡る議論に対し、どのような影響を及ぼしたのであろうか。本研究では「イクメン」がもたらした功績や負の側面を整理することと、父親を取り巻く生活環境や労働環境の実態、それらに関連する要因を質的・量的に明らかにすることを目的としている。そのために、「イクメン」に関連した書籍や論文のレビュー、父親を取り巻く生活・労働環境と家事・育児の状況に関する定量的な結果のレビュー、未就学児を育てている夫婦1000組を対象にした質問票調査を実施する。これら3つの調査により、「イクメン」ブームがもたらした影響や、現在の子育て世代の夫婦が考える父親らしさ、父親を取り巻く生活環境や労働環境の実態、父親の役割や家事・育児などの行動に、関連している要因が明らかにされることが期待される。これらの成果を一般の夫婦や若者への還元、政策提言に寄与させることに重点的に取り組む。それにより、社会において、「イクメン」や父親らしさが再考され、労働環境の改善などにつながることを目指している。

    The purpose of this study is to digest the positive/negative aspects of "ikumen", and clarify the impact of "ikumen" boom on the concept of fatherliness. To achieve these goals, we will conduct following three surveys in this study: a literature review of the historical information about "ikumen", a literature review of quantitative study regarding living condition and working environment among Japanese fathers, and a questionnaire survey to determine the current situation among families raising young children. From these results, we expect to reveal the perception of fatherliness among modern couple in Japan, and to refer to social environment which these couple can achieve their ideal model of father. In particular, we will attempt to show the findings of this study to the general public, not only experts. Therefore, we wish to use this study as an oppotunity for Japanese people to consider what is the ideal paternal behavior, and which working environment should be improved.

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

本研究では、「イクメン」という概念の登場によって、わが国の父親のありようがどのように変わってきたのか、その変遷を明らかにするとともに、現在の父親を取り巻く生活・労働環境について明らかにすることを目的とした。これらの実態把握をおこなうことによって、子育て世代の夫婦がどのような父親像を描いているのか、そしてその実現に向けてどのような社会制度が望ましいのか、といったことを提言することを目指した。
 この目的を達成するために、本研究では、「調査1:イクメンに関連した書籍や論文のレビュー」、「調査2:父親を取り巻く生活・労働環境と家事・育児の状況に関する政府統計のレビュー」という2つの既存資料のレビューをおこない、過去の「イクメン」や父親の家事・育児に関する言説や社会的な風潮などの整理を試みた。その後、子育て中の父親3,092人を対象に「調査3:幼い子どもを育てている父親の生活の実態と理想に関する質問票調査」を実施し、現代の父親の役割やありよう、生活の実態および理想について記述的な解析をおこなった。
 これら3つの調査から、イクメンブームは夫婦や父親個人の意識や価値観に対して、大きな影響を及ぼした一方で、具体的な行動変容、社会改革にまでは至っていない部分もいまだ残されていた。その主な原因として、上記の個人の意識改革のスピードに対して、長時間労働など働き方の見直しなどの社会・環境の変容のスピードが鈍いことが考えられた。本研究における白書のレビューにおいても、「働き方の見直し」、「長時間労働」というキーワードは2000年代前半から繰り返し言及されていた。また、Web調査においても、1日あたり10時間以上の勤務をしている父親が半数を越えており、父親が育児に多くの時間と労力を割くことは難しい家庭が少なくないことが示された。
 これらの結果は、イクメンブームによって、どれだけ父親のあり方について議論が活性化され、父親が家事・育児の担い手として積極的に関わることが期待されたとしても、長時間労働により時間的にも体力的にも、父親個人の努力ではその期待に応えられない側面があることを示唆している。こうした社会環境がより改善されて初めて、本当の意味で、個々の父親がどれだけ、そしてどうやって育児に関わるのかが問われるのではないだろうか。
 ライフスタイルや価値観の多様性を認める社会に変わりゆく中で、イクメンブームは父親のあり方について大きな方向性を示したが、言い換えると画一的な父親の理想像を強調することにもつながった。育児雑誌の記事の内容が、母親の育児については「正解はない」といった柔軟性を求める方向に移行したのに反し、父親の育児に関しては「~すべき」という論調が大勢を占めるようになったことがそれを裏付けている。「イクメン」はあまりにインパクトが強いキーワードであったことや、男女共同参画の推進など、別の思惑からの影響があったものと推察される。それにより、本来、父親のあり方、父親の育児における役割など、もっと様々な意見が出て、議論の活性化が期待できたものの、それが達せられなかった可能性は否定できない。今後はそのような議論を深め、より成熟した社会への移行を目指すことが望まれる。

The purpose of this project is to clarify how the expected father’s role has been changed with the appearance of the concept of "Ikumen", and to clarify the living and working environment surrounding the fathers in Japan. We also aimed to propose what kind of father image a couple of a child-raising generation has, and what kind of social system is desirable for its realization.
We conducted two literature reviews regarding "Research 1: Review of books and articles related to Ikumen", " Research 2: Review of government statistics on the living and working environment surrounding the father and the status of household affairs and childcare". In addition, we conducted “Research 3: Web survey on the actual conditions and ideals of the father's life raising young children” and collected data from 3,092 fathers who are raising children.
From these researches, the “Ikumen boom” had a great influence on the individual's mindset and values of couples and fathers, but there are still some parts that have not yet reached concrete behavioral changes and social reforms. The main reason is that the speed of social and environmental changes such as long working hours and other ways of working is slower than the speed of individual awareness reform. The reviews in this project revealed that the keywords such as "revision of working style" and "long working hours" have been repeatedly mentioned from the early 2000s. The web survey also showed that more than half of the fathers worked more than 10 hours a day, and it was difficult for them to spend more time and effort on childcare. When the social environment, such as long working hours, is further improved, it may be asked how the father is involved in childcare.
In Japanese society where lifestyles and values have been recognized, the “Ikumen boom” has shown a great direction on how fathers should be. However, it also led to emphasizing the ideal image of a uniform father. The decade after the “Ikumen boom” should have been a good opportunity to discuss the expected father’s role for childcare in Japanese society. In the future, it would be desirable to deepen the discussions on such points and aim at the transition to a more mature society.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事