HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 研究助成 Research Grant Program  /  (B)個人研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D16-R-0543
題目
(Project Title)
「イクメン」はわが国の父親のありようの理想像といえるのか―「イクメンブーム」がもたらした影響とそれにより失った何かを問い直す―
Should "Ikumen" be Ideal Model of Fathers in Japan?: The effect of "ikumen" boom and something that we lost by the boom
代表者名
(Representative)
竹原 健二
Kenji Takehara
代表者所属
(Organization)
国立研究開発法人国立成育医療研究センター研究所政策科学研究部
National Center for Child Health and Development
助成金額
(Grant Amount)
 1,300,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

    「イクメン」は父親自身が望む父親の一つの理想像なのであろうか。そして、「イクメン」ブームは我々の社会と、父親の役割やありようを巡る議論に対し、どのような影響を及ぼしたのであろうか。本研究では「イクメン」がもたらした功績や負の側面を整理することと、父親を取り巻く生活環境や労働環境の実態、それらに関連する要因を質的・量的に明らかにすることを目的としている。そのために、「イクメン」に関連した書籍や論文のレビュー、父親を取り巻く生活・労働環境と家事・育児の状況に関する定量的な結果のレビュー、未就学児を育てている夫婦1000組を対象にした質問票調査を実施する。これら3つの調査により、「イクメン」ブームがもたらした影響や、現在の子育て世代の夫婦が考える父親らしさ、父親を取り巻く生活環境や労働環境の実態、父親の役割や家事・育児などの行動に、関連している要因が明らかにされることが期待される。これらの成果を一般の夫婦や若者への還元、政策提言に寄与させることに重点的に取り組む。それにより、社会において、「イクメン」や父親らしさが再考され、労働環境の改善などにつながることを目指している。

    The purpose of this study is to digest the positive/negative aspects of "ikumen", and clarify the impact of "ikumen" boom on the concept of fatherliness. To achieve these goals, we will conduct following three surveys in this study: a literature review of the historical information about "ikumen", a literature review of quantitative study regarding living condition and working environment among Japanese fathers, and a questionnaire survey to determine the current situation among families raising young children. From these results, we expect to reveal the perception of fatherliness among modern couple in Japan, and to refer to social environment which these couple can achieve their ideal model of father. In particular, we will attempt to show the findings of this study to the general public, not only experts. Therefore, we wish to use this study as an oppotunity for Japanese people to consider what is the ideal paternal behavior, and which working environment should be improved.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事