HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 研究助成 Research Grant Program  /  (B)個人研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D16-R-0576
題目
(Project Title)
性的マイノリティとして老いること―多様な生/性を受け容れる高齢社会の実現に向けて―
How Sexual Minorities Experience Aging: Identifying and tackling challenges toward an inclusive aged society
代表者名
(Representative)
平山 亮
Ryo Hirayama
代表者所属
(Organization)
大阪市立大学大学院文学研究科・文学部
Graduate School of Literature and Human Sciences, Osaka City University
助成金額
(Grant Amount)
 1,400,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

    老いを経験している人々が、必ずしも異性愛者やシス・ジェンダーではないことを念頭に、高齢社会のあり方を構想している者は少ない。本研究の目的は、高齢期を迎える性的マイノリティを対象に、その私的・公的なサポート・ネットワークの構築に関わる社会的・制度的課題を明らかにすることにある。サポート・ネットワークは加齢への適応に必須の社会的資源だが、異性愛的家族の枠組みになじまない性的マイノリティは、一方で私的なサポート源の確保を制限され、他方、公的サポートの利用に当たっては、福祉・ケアサービス提供者の躊躇や拒絶に直面しやすい。本研究は、高齢期を迎える性的マイノリティを支援する上での日本の制度的課題を国際比較の観点から明確化するとともに、性的マイノリティ当事者および福祉・ケアサービス提供者双方を対象としたフィールド調査を実施し、得られた知見をもとにして、当事者とサービス提供者それぞれに求められる取り組みを具体的に提案する。性的マイノリティの老いの経験とその困難に関する知見の普及は、異性愛主義的に画一化された高齢者像の転換と、高齢社会に求められる制度設計のあり方の再考を促す契機となるだろう。
 

    Despite growing debates on societal aging, scant attention has been directed to the experiences of sexual minorities who are close to or in the midst of old age. In this project, I seek to identify social-institutional challenges that should be resolved to develop support networks for aging sexual minorities in Japan. Although support networks have been indicated to be a critical factor for aging well, sexual minorities have limited social ties that can function as personal support sources in their old age. For example, the intimate ties of sexual minorities, such as same-sex partners and close friends, cannot serve as emergency contacts and surrogate decision makers in Japan because, within the institutionalized practices of elder care in this country, only legally acknowledged family members are allowed to do so. Further, sexual minorities can be denied access to public care services because of the feelings of hesitancy and rejection in service providers; thus, these minorities have difficulty acquiring formal support sources as well. To address these issues, my aim in this project is twofold. First, from a national-comparative perspective, I clarify Japan's political and institutional factors that can and do inhibit sexual minorities from building a support network that works well in their old age. Second, I conduct two field studies with sexual minorities in middle and older age as well as care service providers so as to elicit practical suggestions for developing a network of care that is friendly for aging sexual minorities. Fostering an understanding of the aging experiences of sexual minorities, findings from this project will broaden people's perspectives from which to think about what it is like to grow old and what support systems can benefit aging individuals regardless of their sexuality and gender.

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

このプロジェクトは、性的マイノリティの視点から、現在の日本の老いを支えるしくみ・制度を(批判的に)問い直すことを目的とした。その問い直しを通して、それらのしくみ・制度がいかに特定の人々の―異性愛で、性自認が生まれたときの性別と一致した(=シスジェンダーの)人々の―老いる経験だけを念頭に置いているかを明らかにし、翻って、では性の多様性を前提とし、それを受け容れる包摂的高齢社会を目指すためには、現在のしくみ・制度をどのように改めていくべきか、検討することをねらいとした。
 本プロジェクトが照準した老いを支えるしくみは、介護保険制度のもとでのケアマネジメントである。ケアマネジャーは現在、加齢にともなう身体的・認知的機能の低下によってこれまで通りの日常生活が難しくなったとき、必要なサービスをアレンジし、生活の質の維持継続を図るための中核的存在である。高齢者とケアサービスを繋ぐ役割を担うケアマネジャーが性自認や性的指向に関する理解を深め、異性愛・シスジェンダーに限らない高齢者のサポート環境をいつでも構築できるよう準備を整えておくことは、上記の目的に適うと考えたからである。
 ただし本プロジェクトのゴールは、単に誰にとっても利用しやすいケアマネジメント体制を考えること、それ自体にあるわけではない。本プロジェクトが真に目指したのは、そのようなしくみを可能にするための理念を探ることである。性自認や性的指向にかかわらず、どんな高齢者でも同じように利用ができるサービスは、その提供体制がどのような理念のもとに動いているからこそ可能になるのか。そのような理念こそが、包摂的高齢社会の実現に必要な「社会の新たな価値」になると考えた。
 以上に取り組むにあたって、本プロジェクトは国外と国内でそれぞれ調査を行った。国外での調査の目的は、性的マイノリティ高齢者への支援を行い始めてからある程度の年月が経っている地域に赴き、現地の老いを支えるしくみ・制度、および、そこに通底する基本的な考え方を学ぶこと、それと比較対照させながら現在の日本の課題(何を変えていかなければいけないのか)を検討することにあった。国内の調査では、国外の調査を通して浮かび上がった課題を、いかにして解決すべきかを具体的に考えることを目的とした。すなわち、国外の先進的な取り組みに通底する理念は、現在日本のケアマネジメントの現場にどの程度共有されているのか、また、その理念がケアマネジャーのあいだに浸透するためにはどのような施策が求められるかを、実証的かつ具体的に考えることが国内調査の目的であった。
 国外調査はアメリカ・カリフォルニア州のサンフランシスコ市にて実施し、高齢の性的マイノリティを支援するためのNPO団体職員や、現地で生活する当事者への聞き取りを行った。調査からわかったことは、医療やその他のサービスの利用に関して、性自認・性的指向が何であれ差別的対応を受けない取り組みが目指されていると同時に、利用者の性に関する情報の開示を可能な限り必要としない(あちこちで同じように開示しなくても問題なくサービスが利用できる)工夫が考えられていたことである。
 国内では国外調査の結果を踏まえ、全国の居宅介護支援事業所に質問紙を配布し、所属ケアマネジャーに回答を返送していただく郵送調査を行った(回答者数1,580名)。ケアマネジャーが性的マイノリティ高齢者をどのように受けとめているか、その個人差が何によって生じているかを統計的に解析した上で、その結果にもとづいて、利用者の性の多様性を前提にした業務を可能にするための具体的方法を提案した。また、介護サービスを利用する上で、性的マイノリティだけが自身の性自認・性的指向を問われなければいけない状況を変えるために、教育啓発を目的としたパンフレットを作成した。

My aim in this project was to discover principles that make public care services accessible to any older adults regardless of their gender identity and sexual orientation. In doing so, I critically examined Japan’s elder care system with particular attention to how this system restricts formal support sources available to older gender and sexual minorities.
In this project, I focused on professional care managers in Japan, who are, under national long-term care insurance system, supposed to arrange for public care services to best satisfy the support needs of older clients. Because they play such a pivotal role in care arrangements for older adults, for gender and sexual minorities to access and use care services with ease and comfort requires care managers’ awareness of sexual diversity in aging population as well as deep understanding of the experiences and situations of these minorities.
This project was comprised of two phases. In the first, I conducted a field study in the City of San Francisco, USA, where advanced efforts have been made to offer community services that are designed to meet the unique needs of sexual and gender minorities across the life course. Through in-depth interviews with community service providers as well as older sexual minorities in the City, I learned guiding principles along which they had created a community support system that embraces sexual diversity among older adults.
In the second phase, to examine whether and how much such principles were shared among professional care managers, I conducted a mail survey and collected data from 1,580 care managers, which indicated that few were prepared to deal with older clients who were not cisgender and heterosexual. On the basis of findings from statistical analysis (e.g., factors that were suggested to suppress negative attitudes toward sexual minorities), I created an educational booklet that was intended to help care managers to become aware of and sensitive to sexual diversity among older clients and learn a nondiscriminatory manner to talk with sexual and gender minority clients.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事