HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 研究助成 Research Grant Program  /  (A)共同研究助成  (A) Joint Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D16-R-0718
題目
(Project Title)
ディアギタ先住民社会の持続可能な開発戦略―アンデス東南地域における文化遺産の調査および保護―
 
Sustainable Development Strategies for Native American Diaguita Communities: Cultural heritage research and protection in the Eastern South Andes, Argentina
代表者名
(Representative)
フリアン・サラサール
Julián Salazar
代表者所属
(Organization)
コルドバ国立大学
National University of Córdoba, Argentina
助成金額
(Grant Amount)
 1,400,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

    本プロジェクトの目的は、遺跡見学ツアーや文化遺産の保護活動への地域住民の積極的な参加を促進することで、アルゼンチン北西部にあるディアギタ先住民の居住地域において、科学的調査に基づいた持続可能な経済的成長戦略を構築することにある。
    アルゼンチンでは先住民であるディアギタに対する関心が低く、彼らの文化遺産は危機的状況にある。またディアギタの生活様式が狩猟採集から農耕牧畜へ移行した経緯もあまり知られていない。そこで本プロジェクトでは、これらの社会的・文化的課題を総合的に解決することをめざす。
    具体的には、以下の4項目について段階を踏んで取り組みを実施したい。
    ①トゥクマン州クンブレス・カルチャキエス 南部で考古学的調査を実施
    ②地方政府 ・連邦政府の法規定、国際法、及びディアギタの信仰に基づいた文化遺産保護・展示計画を立案
    ③文化遺産 に対する意識の向上と保護活動への参加を促進するため、地域住民 と地元ツアーガイドに文化遺産の意義を説明
    ④遺跡見学ツアーを実施
    これらの取り組みの成果として、クンブレス・カルチャキエスで保護が必要な文化遺産を掲載した地図 の発行、史跡見学ツアーの実施(5回)、地元ガイドの育成、文化遺産 に関するプロモーション用パンフレットの配布、考古学的調査に関する書籍の出版、などを見込んでいる。

    This project is aimed at applying scientific research to develop sustainable economic strategies for Diaguita Communities (Northwest Argentina) through the creation of archaeological touristic circuits and at the same time generating strong commitment of local inhabitants with Cultural Heritage protection. It represents a synthetic solution for three main social and cultural issues: Native American Communities exclusion in Argentina, material Cultural Heritage exposed to risky conditions and knowledge gap on the transition from forager to agropastoral adaptations in the region. In order to implement the objectives of the project four complementary stages were planned: 1) Archeological research in the southern Cumbres Calchaquies, Tucuman, Argentina. 2) Development of Cultural Heritage Protection and Exhibition Plan, according to estate, federal and international legislation and native communities' beliefs. 3) Impartation of the relevance of Cultural Heritage not only to the Community, but also to local tour guides, in order to generate consciousness and commitment with cultural resources. 4) Archaeological Touristic circuits implementation.
    The execution of the project is going to generate a Cultural Heritage Protection Chart in Cumbres Calchaquies, Five archaeological touristic circuits, Formation of local guides, diffusion material to enhance the public knowledge on the product and an Archaeological Research Book. 

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事