HOME

助成対象詳細(Details)

   

2016 研究助成 Research Grant Program  /  (B)個人研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D16-R-0799
題目
(Project Title)
農村景観の多層的ガバナンス―日本の農地貸借における価値観の役割―
 
Multi-level Governance of Agricultural Landscapes: Role of value perspective on farmland tenancy arrangements in Japan
代表者名
(Representative)
西 麻衣子
Maiko Nishi
代表者所属
(Organization)
コロンビア大学建築・都市・保存学部大学院
Graduate School of Architecture, Planning and Preservation, Columbia University
助成金額
(Grant Amount)
 700,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

    日本では過去30年間で耕作放棄地が増大し、農村地域の経済だけでなく、文化的遺産の喪失、食料の安全、生物多様性の変化への影響も懸念されている。こうした状況に対し、農地貸借の推進を含め、持続的な農村景観の管理に向けて、様々な奨励・管理事業が導入されている。既存研究では、適切なガバナンスの結果として農地および農村景観から得られる便益に焦点をあてた研究の蓄積があるが、管理事業を向上させるためには、ガバナンスのプロセスに参画する関係者の価値観を理解することが必要不可欠である。本研究では、日本の農業者およびその他の異なる管轄レベルの関係者が持つ価値観が、どのように農地貸借の調整に影響を与えているかを調査し分析する。主に1)農業者が農地に見いだす価値と、そうした価値観が農地の貸借に与える影響を明らかにし、2)農地貸借の多層的な調整により、農業者の価値観が、どの程度その他の農村景観の管理に関与する関係者の価値観と協調されるかを考察することを目的に、石川県における農業者およびその他の関係者への半構造化インタビュー調査を用いて、価値観と農地貸借の詳細分析を行う。

    Agricultural land abandonment has swelled over the past three decades in Japan, having alarming implications not only for the rural economy, but also for cultural heritage loss, food security and biodiversity change. In response, various incentive and management programs have been put in place, including new forms of tenancy arrangements. Whereas research on management programs has focused on the benefits from agricultural landscapes as a result of sound governance, understanding the value perspectives of stakeholders involved in governance processes is critical to improving the programs. This research investigates how the value perspectives held by farmers and other stakeholders at different governance levels in Japan influence farmland tenancy arrangements. The project has a two-fold goal. First, it will examine the values that farmers attach to farmland and their impact on farmland tenancy arrangements. Second, it will examine the extent to which a cross-level coordination of tenancy arrangements helps farmers' values to align with the views and perspectives held by other stakeholders involved in agricultural landscape management. To attain these goals, I will conduct an in-depth analysis of value perspectives and farmland tenancy arrangements, using semi-structured interviews of farmers and other stakeholders in Ishikawa Prefecture.
 

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

農地の耕作放棄は、食料の安全、生物多様性の変化、地域経済、文化的遺産などの側面から、社会の持続性に重大な影響を与えている。耕作放棄に対処するとともに農業セクターを再生するため、日本政府は様々な奨励・管理事業を通じて農地貸借を促進し、最近では新たに多層的に農地貸借を調整するメカニズムとして農地中間管理事業を導入した。
 本研究では、多層的ガバナンスおよび自然の関係的価値の概念に基づいた分析的枠組みを活用し、農地貸借の過程において農地に対する異なる価値観がどのように相互作用するかを検討し、今後の農地管理における課題と機会を明らかにすることを試みた。土地利用型の水田農業の文脈において石川県の二つのコミュニティにおける農地中間管理事業の導入に焦点をあて、価値観と農地貸借に関する政策文書や学術文献のレビュー、記述統計学的分析、半構造化インタビュー調査(農業者、非耕作地権者、行政官、学識者、そのほかの関係団体の代表者・職員を対象)を含む詳細調査を実施した。二つのコミュニティに焦点をあてたことにより、農業者や地権者は、農地への愛着あるいは関心の有り様や程度によって異なる形で農地中間管理事業を導入していることが明らかになった。一つのコミュニティの農業者・地権者は、概して農地に対する地域社会の集団的な愛着・関心を基軸として農地の活用を目指し、事業を広範囲に導入していた。もう一つのコミュニティでは、農業者・地権者が、主に家族単位で私的な愛着・関心を維持し、農業の個人的な柔軟性を確保することが優先され、事業は限定的に導入されていた。また、経済的価値にとどまらず、社会的・文化的な価値を含む、農業者・地権者の農地に対する愛着・関心は、農業および農村景観の管理への長期的なコミットメントを促すことも明らかにした。
 以上から、生産的な農地利用に依拠する農村景観の持続可能な管理を促進する上で、農地の物質的・経済的な側面に傾斜した現在の農地貸借モデルを補完するため、農地の主観的・文化的な側面により注目することが重要であることが示唆される。

Agricultural land abandonment has profound implications for sustainability of the society. It affects food security, biodiversity change, rural economy and cultural heritage. In an attempt to address the farmland abandonment and revitalize the farming sector, the Japan’s government has been promoting tenancy arrangements through various incentive and management programs, including a new cross-level mechanism for tenancy coordination, called the Farmland Bank (FB) program. By employing an analytical framework informed by multi-level governance (MLG) and relational values of nature, this study examines how different value perspectives to farmland interplay in the making of tenancy arrangements, and explores challenges and opportunities for future farmland management. An in-depth analysis of value perspectives and farmland tenancy arrangements — including a systematic review of policy documents and scholarly literature, descriptive analyses of statistics, and semistructured interviews with farmers, non-farming landowners, government officials, scholars, and representatives of other relevant institutions— was conducted with a focus on the adoption of the FB program in two communities in Ishikawa Prefecture within the context of land-extensive rice farming. The focus on the two communities reveals that farmers and landowners have accepted the FB program differently depending on the ways and levels of their attachment to farmland. Those in one community fully adopted the program to build on communal attachment to farmland for continuous farmland use and management. Those in the other limitedly accepted the program to preserve personal attachment to farmland mostly in the unit of family and retain individual flexibility of farming. It also finds that farmers’ and owners’ attachment to farmland, which is not limited to economic values but includes social and cultural values, has driven their long-term commitment to farming and collective management of agricultural landscapes. Further attention to subjective and cultural aspects of farmland would complement the current tenancy model that skews towards its material and economic aspects so as to facilitate sustainable management of agricultural landscapes hinging on productive farmland use.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事