助成対象詳細 | 公益財団法人トヨタ財団

公益財団法人トヨタ財団

助成対象詳細

Details

2017 国内助成 [そだてる助成]     

せんまや女子×まち魅力創出 ―駅前賑わいづくりを通じた担い手育成

企画書・概要

Abstract of Project Proposal

一関市千厩町は、旧気仙沼街道沿いに形成された「まち(中心市街地)」を骨格として、周囲に「さと(豊かな自然に恵まれた農村群)」が広がる人口約1.1万人のコンパクトな町である。かつてのまちは東磐井郡の中心商業地であったが、合併による求心力の低下、郊外への大型店舗の進出、消費ニーズの変化、後継者不在等を要因として、現在は空き店舗・空き家が増え、地域経済やまちとさとの住民交流を支える場としての機能低下が著しい。特に、まちの重要な交流拠点である千厩駅前の空き店舗化の進行が著しく、まちの顔・玄関口としての賑わいづくりが喫緊の課題となっている。また、活動人材の固定化・高齢化等によりまちづくり機運も停滞傾向にある。そこで、本プロジェクトは女性「せんまや女子」のパワーをまちづくりに生かすために、コミュニティビジネスの担い手としての育成と事業化の支援(事業化研修)を実施するとともに、その学びの成果の実践の場として、駅前における賑わい創出社会実験(実践型研修)を行う。こうした取組みを通じて、「せんまや女子」を中核とした持続可能なまちづくりの推進体制を構築する。

実施報告書・概要

Summary of Final Report

【取り組んだ課題】
一関市千厩町は、旧気仙沼街道沿いに形成された「まち(中心市街地)」を骨格として、周囲に「さと(豊かな自然に恵まれた農村群)」が広がる人口約1.1万人のコンパクトな町である。かつてのまちは東磐井郡の中心商業地であったが、合併による求心力の低下、郊外への大型店舗の進出、消費ニーズの変化、後継者不在等を要因として、現在は空き店舗・空き家が増え、地域経済やまちとさとの住民交流を支える場としての機能低下が著しい。特に、まちの重要な交流拠点である千厩駅前の空き店舗化の進行が著しく、まちの顔・玄関口としての賑わいづくりが喫緊の課題となっている。また、活動人材の固定化・高齢化等によりまちづくり機運も停滞傾向にある。
 
【実施内容と成果】
本プロジェクトでは、「せんまや女子」のパワーをまちづくりに生かすために、「せんまや100人女子会」を開催し、まちづくりに関わりたい、何かやってみたい「せんまや女子」に広く呼びかけ、つながりの輪を広げ、その力、ノウハウ、思いでまちの元気を創り出す実践の場として「千厩駅前における賑わい創出社会実験(2ヶ月間)」を実施した。

 社会実験を通じて、千厩の顔である駅前の新たな使い方や多様な活用可能性を地域で実感・共有することができた。また、「駅前の元気な姿をつくりたい」という「せんまや女子」の思いが見える形で実現することできた。この成果や課題を次に生かし、来年度以降も「せんまや100人女子会」が核となり、「せんまや女子」の何かやってみたいを応援・実践する取組を継続していく。
 

プロジェクト情報

Project

プログラム名(Program)
2017 国内助成 [そだてる助成]     
助成番号(Grant Number)
D17-L-0180
題目(Project Title)
せんまや女子×まち魅力創出 ―駅前賑わいづくりを通じた担い手育成
代表者名(Representative)
小野寺 真澄  
代表者所属(Organization)
㈱ニッコーファインメック
助成金額(Grant Amount)
7,160,000
リンク(Link)
活動地域(Area)