助成対象詳細 | 公益財団法人トヨタ財団

公益財団法人トヨタ財団

助成対象詳細

Details

2017 国際助成プログラム International Grant Program     

「アジアの障がい児の社会的自立支援」に向けた日中二国間での運動による障がい児の社会的自立支援プログラムの構築
Development of supporting social independence for disabled children through sports in Japan and China as the first step toward Asia wise program

企画書・概要

Abstract of Project Proposal

アジアの潜在的な共通課題である発達障がいおよび知的障がい児の社会的自立に向けた支援教育の整備の遅れは、これら障がい児の社会参加の機会を損ない社会の弱者を増加させるなど、地域社会の共生が損なわれることとなる。この解決策の第一歩として日中二国間で学識経験者のアドバイスの下でワークショップ開催を通し、「日中間の障がい児全体の社会的自立支援制度の比較」と「運動指導者養成ガイド」を含んだ「発達障がいおよび知的障がい児の運動指導マニュアル」を作成し、地域において運動による発達および知的障がい児の社会的自立に向けた支援体系を構築する。また、この取り組みをシンポジウムで日本および中国の全土に情報発信する。さらに、アドバイザーである研究者の学術論文や国際学会発表を通じてこの取り組みをアジア各国に発信することで、中長期的な目標である「アジアの障がい児の社会的自立支援プログラムの確立」につなげる。
Delaying supporting education system of social independence for developmental disabled and intellectual disabled children will steal their chance to participate in society and will increase social disadvantaged group. As the first step of solution, we will organize Japan and China team, and through the joint workshop with academic experts, this team will develop supervising manual of sports class for developmental disabled and intellectual disabled children, including a) comparison table of social supporting system between Japan and China, b) guideline for educating sports instructor, aiming to construct supporting system for those disabled children in two communities. At the end of this project, we will spread information of our achievements to nationwide Japan and China through the symposium, and help other organizations such as NPOs and teachers of special needs education class to implement similar education system. Also, we expect that academic experts will spread information though academic papers and presentation at international conference, and that those academic activities will lead to Asia wise development of supporting education system of social independence for disabled children.

実施報告書・概要

Summary of Final Report

日本で主に発達および知的障がい児等障がい児の自立支援を目的とした、児童の運動教室「運動が苦手な子の教室」を20年以上主催しているNPO法人スマイルクラブと、中国広州市の中山大学医学部公衆衛生医療グループの発達障がい児等を専門とする主要メンバーが、日中間でワークショップ等を通して、障がい児全体の社会的自立支援制度の現状と課題を相互比較し、互いの長所短所を学びあうことを目的とした事業である。さらには、日中双方で実施されている障がい児向けの自立支援(運動支援)プログラム等も調査・分析・比較することにより、他者の実施している優れた点などお互いの学びを抽出し、それを反映した成果物として障がい児の状態や能力を加味した「障がい児の社会的自立支援のための運動指導マニュアル」を作成し、これをベースに運動指導者を養成し、実際にその効果を測定する事業を2年間で実施した。

プロジェクト情報

Project

プログラム名(Program)
2017 国際助成プログラム International Grant Program     
助成番号(Grant Number)
D17-N-0030
題目(Project Title)
「アジアの障がい児の社会的自立支援」に向けた日中二国間での運動による障がい児の社会的自立支援プログラムの構築
Development of supporting social independence for disabled children through sports in Japan and China as the first step toward Asia wise program
代表者名(Representative)
大浜あつ子 / Atsuko OHAMA
代表者所属(Organization)
(特活)スマイルクラブ
Non-Profit Corporation Smile Club
助成金額(Grant Amount)
7,000,000
リンク(Link)
活動地域(Area)