HOME

助成対象詳細(Details)

   

2017 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D17-N-0048
題目
(Project Title)
東アジア包摂都市ネットワークの構築 ―引き裂かれた都市から包摂型都市へ
Establishing a Platform for the East Asian Inclusive City Network: From divided to inclusive cities
代表者名
(Representative)
全 泓奎
JEON Hong-Gyu
代表者所属
(Organization)
大阪市立大学都市研究プラザ
Osaka City University Urban Research Plaza
助成金額
(Grant Amount)
 7,300,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

本プロジェクトは、日本を始めとする東アジアの四つの国や地域の都市にある社会的不利地域の負の地域効果による影響を同定し実践課題を導出することによって、地域問題の解決に取り組んでいくための課題解決型のアクションリサーチを特徴としている。そのため、各国や地域の不利地域問題にかかわる、研究者や実践家、行政職員等のような理論と実践を兼ね備えた共同研究グループを組織したうえで企画の実施を試みる。本プロジェクトは、国際共同研究によって得られた知見を実践や政策応用に活かすと共に相互交流のプラットフォームの構築を目指しているという点で独創的といえよう。本企画の実施内容は、国際共同による調査、そこから得た知見を共有するための国際共同のワークショップの開催、そしてそれらの実践的な取り組みから得られた課題を総括するための国際シンポジウムの開催、最後にそれらを理論と実践の両面で社会一般に発信していくための書籍の刊行を目指している。

This research seeks to identify the impact of area/neighborhood effects on socially disadvantaged communities in 4 East Asian cities (including Japan) and, in response, to frame an action research based on problem-solving. To this end, it will bring together a group of researchers, professionals and public officials to address theoretical as well as pragmatic issues. Its strength lies in the pragmatic use of the results obtained through this international joint-effort for policy and practice purposes, and to create a common platform for mutual exchange of ideas. Methodology will include international-joint surveys, international workshops to promote mutual exchange, international symposiums to sum up all findings and to publish both on theory and practice towards society at large.

ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事