HOME

助成対象詳細(Details)

   

2017 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D17-N-0097
題目
(Project Title)
多民族化の日本を捉える ―共生を学ぶ留学生と日本人
Capturing Multiethnic Japan: Foreign Students and Japanese Learning to Live Together
代表者名
(Representative)
Dipesh Kharel
代表者所属
(Organization)
東京大学
The University of Tokyo
助成金額
(Grant Amount)
 7,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

日本政府が「グローバル戦略」の一環として、2020年までに日本への外国人留学生を30万人にする計画を策定した後、2012年から2016年の4年間に、ベトナム人留学生は4,373人から53,807人へと急増して国内第二位の留学生コミュニティとなり、ネパール人留学生は、2,451人から19,571人へと増加して第三位の留学生コミュニティとなった。日本における深刻な労働力不足の中で、これらの留学移民は、幾つかのセクターにおいて重要な労働力となってきており、このことは日本の急速な少子高齢化との関係でも注目されるべき問題となっている。さらには、広島県安芸高田市のように、人口減少に対する地域活性化の戦略として、移民を「共に暮らす人」として、いわゆる「3K」以外の仕事に限らず、定住者として受け入れる試みを行っている自治体もある。疑いなく、若い移民達と日本人住民の双方は、同じ町で暮らし包摂的な社会を作っていく中で、様々な挑戦と機会とを共有している。
 この民族誌映像プロジェクトの主な目的は、こうした「共生」の経験を記録し、そこで得られた知識を世界へと広めることである。日本へのベトナム人及びネパール人留学生の急速な増加にもかかわらず、この領域における既存の研究は限られている。そのため、我々の多国籍の研究チームは、ベトナムとネパールから日本への留学生としての移住の原因、過程、及び社会的結果についての相互理解を獲得することを目的とする。それは、日本、ベトナム、ネパール、さらにその他の国々が、国際移住から利益を得るような、包括的な政策の形成にも役立つだろう。

After the Japanese government has lunched a plan which aimed to attract 300,000 foreign students by 2020 as a part of a “global strategy”, the number of Vietnamese student increased by over 13 times within the last four years, from 4,373 in 2012 to 53,807 in 2016, making them the second largest foreign student community, and Nepali student entering Japan grew markedly from 2,451 in 2012 to 19,571 in 2016 became the third largest foreign student community. Despite of the rapid growth of Vietnamese and Nepali immigration to Japan, study in this area is so far limited. Indeed, these student immigrants' issues now deserve special attention in relation to the coming of a rapidly aging society with a low birth rate. More remarkably, as a community revitalization strategy, some depopulated towns such as Akitakata in Hiroshima are accepting these immigrants not only for “3K” jobs, but also decent jobs, and a permanent resident. Unquestionably, both the young immigrants and Japanese are sharing number of challenges and opportunities while living together and creating an inclusive society. The main purpose of this ethnographic film project is to document their experiences of Kyosei “living together” and disseminate this knowledge throughout the world.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事