HOME

助成対象詳細(Details)

   

2017 国際助成プログラム International Grant Program      
助成番号
(Grant Number)
D17-N-0160
題目
(Project Title)
カンボジア、ミャンマーにおけるアート×環境教育イベントの実施と教材開発 ―ゴミ問題に関する学びあいと解決に向けて
Implementation of Art-Environmental Education events and development of teaching material in Cambodia and Myanmar: Toward learning and solving problems on garbage problem
代表者名
(Representative)
中村 英誉
NAKAMURA HIDETAKA
代表者所属
(Organization)
一般社団法人 ソーシャルコンパス
Social Compass
助成金額
(Grant Amount)
 4,500,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

本プロジェクトは、カンボジアとミャンマーのクリエイター、NGO、行政が協働して、プロジェクションマッピングを利用した『アート×環境教育イベントの実施』と『映像教材の開発』を行うことを目的とする。近年、両国では急速な経済発展に伴う人口増加によってゴミが急増し、ゴミの不法投棄による排水溝の機能不全や衛生環境の悪化など、深刻な社会問題となっている。これまで当会は、カンボジアでアートを通じた環境教育イベントとアニメ教材の発信を行ない、複合商業施設での継続的放映などの成果を得た。しかし、カンボジアはゴミ問題に取り組む市民団体が少なく、官民が連携してゴミに対する市民の意識を底上げしていく必要がある。他方ミャンマーでは、本年より行政と市民団体によるゴミ拾い活動が始まったが、言語が異なる少数民族が多いため、標準語のみを使用した啓発では限界がある。本プロジェクトではカンボジア・ミャンマーが互いに学びあい、共通課題であるゴミ問題へ取り組む。

This project aims to conduct "Art-Environmental Education Events" and "development of Animation teaching material" in Cambodia and Myanmar by collaboration between creators, civil groups and local administrations of each country. Nowadays, with the increase in garbage due to population growth accompanied by rapid economic growth, the both countries are faced with serious garbage problems such as malfunction of drainage system due to illegal dumping of garbage and deterioration of hygiene environment. We have conducted the environmental education events through Art and the development of animation teaching material about garbage in Cambodia, and continuously broadcasted the material at multiple commercial facilities in Phnom Penh. However, Cambodia has few citizen groups tackling the garbage problem, so it is necessary for public and private sectors to cooperate and to raise citizen's awareness of the garbage. In Myanmar, "garbage-picking activities" began in this year from government and citizen's groups. But since there are many ethnic minorities with different languages, there is a limit to the effect of appealing by means of enlightenment using only a standard language. In this project, Cambodia and Myanmar stakeholders on the garbage problem learn from each other and tackle the problem together.

実施報告書・概要 (Summary of Final Report)

本事業は、カンボジアとミャンマーのクリエイター、NGO、行政等が協働して『アート×環境教育イベントの実施』と『教材の開発』を行うものである。近年、両国では急速な経済発展に伴う人口増加により、ゴミによる衛生環境の悪化や環境の問題が顕在化している。そのため、これまで当会が取り組んできたアートを利用した環境啓発をカンボジアと他民族国家であるミャンマーにて応用するべく、本企画に至った。
本事業は、両国において、児童・学生・市民を対象に、①アニメーションワークショップを通じた民族、言語を超えたアート×環境教育、②現地の素材を用いた移動式ドーム制作とプロジェクションマッピングイベント、③教材の開発を行った。上記活動を通じ、カンボジア、ミャンマーの参加者が共に課題を共有し、新しい解決方法について議論する機会を得たとともに、教材映像やドームの製作も実現し、アートを切り口とした環境問題への取り組みがさらに広がった。


ホームページへのリンクトヨタ財団WEBサイト内関連記事