HOME

助成対象詳細(Details)

   

2017 2017年度 研究助成プログラム Research Grant Program 2017  /  (B)個人研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D17-R-0088
題目
(Project Title)
受容とイノベーション―新しいもの好きな人が多い社会は、イノベーションに成功するのか?―
Receptivity and Innovation: Is the public's openness to novelty always conduvice to aggregate innovation? 
代表者名
(Representative)
古川 雄一
Yuichi Furukawa
代表者所属
(Organization)
中京大学経済学部
School of Economics, Chukyo University
助成金額
(Grant Amount)
 1,400,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

人々がより「新しいもの好き」であるほど、社会はより多くのイノベーションを生み出すことができる。一般に信じられている社会通念と言ってよい。「新しいもの好き」を「新しいアイディアに対する受容性」と言いかえれば、この種の見方は、専門家の間でもしばしば主張される。例えば、経済史家である米ノースウエスタン大ジョエル・モキール教授は、イノベーションには企業の研究開発能力に加えて、社会全体の「新しいアイディアに対する受容性」が必須と主張する。イノベーションは経済成長の源泉なので、受容性は経済の発展成長にとって欠かせない、などと言われることもある。
 しかし、最近のデータ分析によれば、人々の受容性と経済の関係は実際には複雑で、受容性が強すぎると、社会全体のイノベーションや所得水準をかえって低下させる可能性がある。「新しいもの好き」な気質が、必ずしも、技術や経済の発展に資するとは限らない。この一見通念と矛盾する結果を、どのように理解すべきか。この結果は、データ選択や分析手法に依存しない、強固な法則性を指し示すものか。本企画は、これらの問いに対し、経済学の手法を用いて定性・定量両面から解答を試みるものである。

 The public's receptivity to new ideas, or love for novelty, is often recognized as an important driver of innovation at the aggregate level. For example, Joel Mokyr, an influential economic historian at Northwestern, argues that the success of innovation requires not only the quality of inventive activities but also the "receptivity to new ideas" in the entire economy. Given that innovation is an essential engine for long-run economic growth, one may think receptivity is also pivotal to economic growth and development. 
 However, some recent empirical evidence indicates that there might be an inverted-U shaped relationship between receptivity and innovation, both as an individual propensity and as a macroeconomic phenomenon. That is, too much receptivity to novelty at the individual level could depress the level of innovation at the aggregate level. How robust is this empirical result to other relevant data sets or methods? Given that it is sufficiently robust, how can we offer a convincing economic explanation on this seemingly counterintuitive fact? The present research project intends to address these questions, by means of formal theoretical and empirical methods in economics.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事