HOME

助成対象詳細(Details)

   

2017 2017年度 研究助成プログラム Research Grant Program 2017  /  (B)個人研究助成  (B) Individual Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D17-R-0128
題目
(Project Title)
インドの生体認証プロジェクト―情報化時代の社会におけるデータプライバシーと新しい社会的価値―
India's Biometric Identity Project: Data privacy and new social values for wider society in the information age
代表者名
(Representative)
パワン ディープ シン
Pawan Deep Singh
代表者所属
(Organization)
ディーキン大学文学・教育学部
Faculty of Arts and Education, Deakin University
助成金額
(Grant Amount)
 800,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

本プロジェクトでは、インドにおいて論争の的となっているプライバシーに関する公共政策の課題をとりあげる。2017年、インド最高裁判所は、プライバシーを基本的権利とする判決を下した。しかしながら、係争中の訴訟事件(2018年)では、社会福祉やそのサービスに対して生体認証の導入を政府が義務づけることに異議が申し立てられ、厳格なデータ保護法が整備されていない状況下での情報漏洩や監視社会に対する懸念が浮き彫りになっている。本プロジェクトでは、インドにおけるプライバシーに対する考え方を調査し、政府の生体認証事業について、それが基本的権利としてのプライバシーとどのように対立するものであるのか、また、データプライバシーの侵害、ソーシャルプロファイリング分析、オンラインでの行動追跡、および国家による監視にかかわる問題のなかで、どのような新しい社会的価値の概念化を必要としているのかということを明らかにする。研究の方法としては、メディア/テクノロジー研究、法律学、ポスト植民地期の歴史の視点から、文書や資料の分析、メディア分析、およびインタビューなどの定性的な方法を用いる。本研究は、法社会学的、歴史学的、また技術的な側面からプライバシーに関する説明を行うことで、情報化時代における個人情報の保護への社会的な期待の高まりと、それと同時に発生するデジタルガバナンスに向けた堅実な情報保護政策の必要性に対して、新たな価値を提示しようとするものである。1.情報の完全性:ネットワーク上のデータフローの包括的な保護。2.情報の自律性:データ管理の権利、オンラインで追跡/特定されない自由、および匿名の権利の、個人に対する付与。

 This project addresses the contentious public policy issue of privacy in India. The 2017 Indian Supreme Court held privacy to be a fundamental right. However, the ongoing legal case (2018) challenging the government's implementation of mandatory biometric identity for social welfare and services has highlighted concerns of data breaches and mass surveillance in the absence of strong data protection laws. This project examines the privacy discourse in India to understand how the government's biometric identity project conflicts with privacy as a fundamental right and will require new social values to be conceptualized in the context of data privacy breaches, social profiling, online behaviour tracking and state surveillance. It draws upon media/technology studies, legal studies and postcolonial history and employs qualitative methods including archival and textual analysis, media analysis and in-depth interviews. It offers a socio-legal, historical and technological account of privacy to identify new values in the context of wider society's expectation of personal data protection and the simultaneous need for robust data protection policies for digital governance in the information age: 1. Information integrity: Encompasses security of data flows across networks. 2. Information autonomy: Gives individuals control over data, freedom from being tracked/identified online, right to anonymity.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事