HOME

助成対象詳細(Details)

   

2017 2017年度 研究助成プログラム Research Grant Program 2017  /  (B)個人研究助成  (B) Individual Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D17-R-0147
題目
(Project Title)
デマゴーグ政治家と扇動される哀れな人びとの社会からの脱却―参加型社会の実現に向けたポピュリズムの話法の転換―
Beyond Demagogues and Deplorables: Transforming populist rhetoric for participatory futures
代表者名
(Representative)
ニコール クラート
Nicole Curato
代表者所属
(Organization)
キャンベラ大学熟議民主主義・グローバルガバナンスセンター
Centre for Deliberative Democracy and Global Governance, University of Canberra
助成金額
(Grant Amount)
 1,600,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

ポピュリズムが合理的な議論の対極にあると考えられることには、多くの理由がある。ポピュリズムは本能に訴えて、迅速な解決を優先するあまり、論理的な正確性を犠牲にしている。ポピュリズムが持つ対立を生むような話法では、情報がサイロ化して周囲が見えなくなるため、対話によって互いの理解が深まることはなく、偏見が助長される。本プロジェクトでは、ポピュリズムと合理的な議論を対置させる二項対立を問題として、ポピュリズムの話法が意味のある政治的な対話に変容されうることを研究する。本プロジェクトのビジョンは、深い分裂状態にある社会が包摂的で思慮深く他者を尊重する議論を受け入れることのできる現実的な方法を見出すことにある。ロドリゴ・ドゥテルテ大統領の政権下にあるフィリピンに焦点を合わせるが、ここから得られる教訓はポピュリズムの話法が支持を集めるようなさまざまな状況に適用することができる。本プロジェクトの戦略はシンプルである。市民がフィリピンの政治議論の性格について検討する討論フォーラムを連続で開催し、政治に関する今日の議論を活発化させる可能性について提案を行う。この市民主導型のフォーラムから得られる知見は、政府、メディア、およびその他のステークホルダーとの対話の場を創出するために役立つと期待される。本プロジェクトは、ポピュリズムが台頭する時代において、明確な根拠に基づきながら、参加型コミュニケーションの発展に寄与することをめざしている。

 There are many reasons to think of populism as the opposite of reasonable discussion. Populism appeals to base instincts, sacrificing intellectual rigour in favour of quick solutions. Its polarising speech style creates information silos which inflames prejudices instead of promoting understanding. This project challenges the dichotomy between populism and reasonable discussion. It investigates how the rhetoric of populism can be transformed to meaningful political conversations. The vision is to find practical ways in which societies can be hospitable to inclusive, reflective, and other-regarding discussions amidst deep divisions. Attention is focused on the case of the Philippines under the regime of President Rodrigo Duterte, but the lessons can be applied to various contexts where populist rhetoric has gained traction. The strategy is simple. A series of deliberative forums will be convened where citizens can reflect on the character of political talk in the Philippines, and propose possibilities for enhancing political discussions today. Findings from this citizen-driven forum will be used to forge conversations with government, media, and other stakeholders. Overall, the project aims to make an evidence-based contribution to the future of participatory communication in populist times.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事