助成対象詳細 | 公益財団法人トヨタ財団

公益財団法人トヨタ財団

助成対象詳細

Details

2017 研究助成プログラム Research Grant Program   [ (B)個人研究助成   ]

排外主義と国際協調主義の間に現実的な妥協点は見出せるか―北米を事例とする自然的交通権の今日的展開の解明―
The Practical Possibilities of Compromise Between Chauvinism and Internationalism: A clarification of contemporary developments of the right of natural communication through the case study of the North America

企画書・概要

Abstract of Project Proposal

現在、多くの国で、マイノリティ、移民、外国人を国内諸問題の元凶とみなす排外主義(ショーヴィニズム)が台頭している。これに対し、一般の人々の間のヘイトスピーチや右派の言論にとどまっていた言説が国政にまで進出する事態を警戒する国際協調主義(インターナショナリズム)が対峙している。
本プロジェクトは、一昨年のアメリカ大統領選以降こうした緊張が高まっている北米主要国(アメリカ、カナダ、メキシコ)に焦点をあて、二項対立に陥らない思考様式の可能性を模索する試みである。方法論としては、北米諸国が「新世界の発見」以来の移民社会である点に着目し、征服や保護主義の論理にもつながる古来の自然的交通権が、現代のグローバル化社会でどのように展開しているかを詳察する。その際、①思想(資料に基づく理論構築)と実践(各国の人々との交流)、②過去(通時的分析)と現在(共時的分析)、③征服者(ヨーロッパ人)と被征服者(ネイティヴ)、④アングロサクソン(イギリス)とラテン(スペイン、フランス)の各視座を接続する。その成果は、学術論文(日本語、英語)の投稿やセミナーの開催を通じて、広く社会に発信する。
 These days, in many countries, we recognize the rise of chauvinism, which regards minorities, immigrants, and foreigners as major causes of domestic problems. Internationalists are confronted with this tendency, criticizing the fact that today's chauvinism has already been the non-negligible element of the national-level politics rather than the mere phenomenon limited to the hate-speech among ordinary people or the extreme opinions of the right-wing intellectuals. 
 This project seeks the way of thinking that enables us to avoid falling into the dichotomy between these two poles through the case study of the major North American countries (the United States of America, Canada, and Mexico), where tensions between them have increased since the last U.S. presidential campaign. In order to achieve this purpose, this project pays attention to the fact that the North American countries have been immigrant societies since the "discovery of America," and considers how the conventional idea of the right of natural communication, which serves as a basis of both globalization and protectionism, has been developed in the contemporary global society. In so doing, the project links each set of viewpoints of the following four dichotomy: 1. ideology (theory construction on the basis of the text interpretation) and practice (the interchange of opinions), 2. the past (diachronic analysis) and the present (synchronic analysis), 3. conquerors (Europeans) and the conquered (natives), and 4. the Anglo-Saxon culture (Britain) and the Latin (Spain, France). The outcomes of this project would be opened to the public through journal papers (both in Japanese and English) and a seminar.

実施報告書・概要

Summary of Final Report

1. プロジェクトの概要
 現在、多くの国で、マイノリティ、移民、外国人を国内諸問題の元凶とみなす排外主義が台頭している。これに対し、一般の人々の間のヘイトスピーチや右派の言論にとどまっていた言説が国政にまで進出する事態を警戒する国際協調主義が対峙している。本プロジェクトの目的は、とりわけこうした緊張が高まっている北米主要国(アメリカ、カナダ、メキシコ)に焦点をあて、二項対立に陥らない思考様式の可能性を模索することである。
 この目的を達成するために、2018年5月から8月までの間、ハーバード大学歴史学部に客員研究員として所属し、資料調査と学術交流を進めた。資料調査については、主としてワイドナー、ラモント、ロースクールといったハーバード大学附属の各図書館において、貴重資料を含む資料を調査し、その読解と解釈を行った。学術交流については、受け入れ教員であったD.アーミテイジ教授を中心に交流の場をもち、より広い視野から研究テーマを再検討する機会を得た。
 こうした資料調査と学術交流の成果は、帰国後開催した公開セミナー、および学会誌所収論文草稿として、広く公開されている。また、本研究助成プログラムの課題を発展させたテーマが、科研費国際共同研究強化(A)、江頭ホスピタリティ事業振興財団、国際文化交流事業財団の研究助成プログラムに採択されており、本助成期間終了後も継続的な経済基盤の下でのさらなる進展が見込まれる。

2. 成果物
 本プロジェクトの主要成果物は、以下の2点である。
①公開セミナーチラシ:「帝国と主権―初期近代アメリカ大陸をめぐる自然的交通権の展開」(2018年10月17日 於静岡県立大学)
 本セミナーでは、最初に、松森による講演を通じて、北米諸国が「新」「旧」両世界遭遇以来の移民社会である点が強調され、征服や保護主義の論理にもつながる古来の自然的交通権が、現代のグローバル化社会でどのように表出されているかが検討された。ついで、グローバル化社会における権利義務をめぐり、参加者によるグループディスカッションとグループごとの発表が行われた。最後に、松森による総括の中で、多方面からグローバル化社会の功罪が指摘された。
②学術論文:「他者の歓待か所有権の擁護か―『新世界』をめぐる自然的交通権とホスピタリティ論」(2020年11月公刊『法哲学年報2019』所収予定)
 本稿は、グローバル化の促進にも抑制にも根拠を与えてきた古来の自然的交通権に焦点をあてながら、スペインを中心とするヨーロッパ諸国の「新世界」問題における「他者」理解を解明するものである。同時に、初期近代における自然的交通権の展開の考察を通じて、グローバル化社会における排外主義と国際協調主義の現実的な妥協の可能性を探る試みとなっている。
1. Outline of the project
These days, in many countries, we recognize the rise of chauvinism, which
regards minorities, immigrants, and foreigners as major causes of domestic
problems. Internationalists are confronted with this tendency. This project
seeks the ways of thinking that enables us to avoid falling into the dichotomy between these two poles through the case study of the major North American
countries (the U. S. A, Canada, and Mexico), where tensions between them have
been increasing since the last U. S. presidential campaign.
With this aim, from May to September of 2018, I belonged to the History
Department of Harvard University as a Visiting Scholar to survey
bibliographical sources and have discussion with faculty members. Regarding the survey of bibliographical sources, including rare books, I visited mainly the
libraries of Widener, Lamont, and Law School. Regarding the academic exchange, it gave me the opportunity to reconsider about the topic from the broader
viewpoint especially through discussions with my sponsor, Prof. D. Armitage.
The products of these activities were opened to the public as a seminar and a journal article. Moreover, the advanced research projects started under three other grants after this Toyota project.

2. Products
(1) “Empire and Sovereignty: The Development of the Natural Right of
Communication in Early Modern Americas”: a flier of the open seminar held at
the University of Shizuoka, Japan, on October 17th, 2018.
First, I examined how the traditional concept of communication appears in
our global society, paying attention to the history of the Americas as an
immigrant society since the encounter of the “New World” and the “Old.”
Then, attendees had a small group discussion about the rights and duties in a
global society. Lastly, I summarized the discussion, showing some ideological
bases of both the positive and negative attitudes toward the globalization.
(2) “Hospitality or Property?: The Natural Right of Communication and the
‘New World’”: a journal article of the Annals of Legal Philosophy 2019.
This article examines the understandings of “others” in early modern “New World” matters, focusing on the natural right of communication as a common
ground of both the positive and negative attitudes toward the globalization.
This article also considers the possibilities of the practical compromise
between the chauvinism and the internationalism in the global society.

プロジェクト情報

Project

プログラム名(Program)
2017 研究助成プログラム Research Grant Program   【(B)個人研究助成  】
助成番号(Grant Number)
D17-R-0149
題目(Project Title)
排外主義と国際協調主義の間に現実的な妥協点は見出せるか―北米を事例とする自然的交通権の今日的展開の解明―
The Practical Possibilities of Compromise Between Chauvinism and Internationalism: A clarification of contemporary developments of the right of natural communication through the case study of the North America
代表者名(Representative)
松森 奈津子 / Natsuko Matsumori
代表者所属(Organization)
静岡県立大学国際関係学部
School of International Relations, University of Shizuoka
助成金額(Grant Amount)
800,000
リンク(Link)
活動地域(Area)