HOME

助成対象詳細(Details)

   

2017 2017年度 研究助成プログラム Research Grant Program 2017  /  (A)共同研究助成  (A) Joint Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D17-R-0293
題目
(Project Title)
米国中西部における国境を超える改革および労働の将来像
Transnational Innovation and the Future of Work in the Rural American Midwest
代表者名
(Representative)
シャオウェン バーゼル
Shaowen Bardzell
代表者所属
(Organization)
インディアナ大学情報工学・コンピューティング・エンジニアリング学部
School of Informatics, Computing, and Engineering, Indiana University Bloomington
助成金額
(Grant Amount)
 2,300,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

社会における労働のあり方は、ある意味ではAI、IoTおよびロボット工学を基礎とする自律型技術によって、まさに変革の時期を迎えている。この変革によって、人間と機械の新たな関係によって規定される新たな社会環境が生成されている。そこでは、自動化と行為主体性が深く絡み合い、人間と機械が取り結ぶ関係の下での生産性、また、製造業における生産方法や職業のあり方について再考する必要性が高まっている。さらに、これらはすべて、ローカルな状況下におけるグローバルな構造のなかに見出されるものである。米国中西部の小さな町、インディアナ州コロンバスは、特に自動車製造業を中心に、数十年にわたって日本企業との協力関係を享受してきた。
 製造業、政策コミュニティ、および情報科学の研究者は、労働の将来像を模索している。本研究では、長年にわたる日米間の協力の下で製造業を続けている米国中西部にありうる労働の将来像について、実用的な理解の構築をめざしている。本研究の中心的なコンセプトは、国境を越える改革である。国境を越える改革は、社会技術システムに依存すると共に、そのシステムを創出することになるため、情報科学の分野における研究課題となる。提案するプロジェクトは、新興技術がもたらす社会的・経済的影響に関する理解の深化に貢献すると共に、戦略的な方法でITの発達を支援し、さらに、グローバルな見地をもって次世代を担う地域の労働力を育成するための、教育および訓練のニーズを解明するものである。

 Society is on the cusp of transformation in work, driven in part by autonomous technologies building on AI, IoT, and robotics. The result is a new human-machine ecology where automation and agency are deeply intertwined, promoting the need to rethink human-machine productivity as well as industrial methods and professions. We further observe that all of this is situated in locally sited global configurations. A small town in the American Midwest, Columbus, Indiana has enjoyed cooperation from Japanese industry for decades, with a particular emphasis on automotive manufacturing. 
 Researchers in industry, the policy community, and informatics are inquiring about the future of work. In this study, we seek to construct actionable understandings of the future of work as it might look in the rural Midwest in industrial settings with long-running Japanese-American cooperation. The central concept is transnational innovation. Transnational innovation both depends on and also produces sociotechnical systems, and thus is a question for informatics research. The proposed project contributes to understandings of the social and economic consequences of emerging technologies, supports IT development in a strategic way, and sheds light on associated educational and training needs to bring about the next generation of local workforce with a global outlook.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事