HOME

助成対象詳細(Details)

   

2017 2017年度 研究助成プログラム Research Grant Program 2017  /  (A)共同研究助成  (A) Joint Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D17-R-0362
題目
(Project Title)
持続可能な社会のための教育的価値―ブータンにおける「頭」、「手」、「心」および「幸福」のモデルの構築と世界への発信に向けて―
Educational Values for a Sustainable Society: Head, Hands, Heart, and Happiness in Bhutan and beyond
代表者名
(Representative)
マシュー シュエルカ
Matthew Schuelka
代表者所属
(Organization)
バーミンガム大学教育学部
School of Education, University of Birmingham
助成金額
(Grant Amount)
 5,600,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

現代社会では、教育という言葉は主に人的資源の開発、つまり個人や国家が経済的、社会的に利益を高める手段としてみなされることが多い。しかしながら、教育には広く価値あるものとしての自己修養が含まれることがあり、これには、他者への優しさや思いやりを持つこと、社会や環境に配慮すること、また、人びとがグローバルに関係し、互いに影響を及ぼしているという意識を持つことなどがある。教育に対するオルタナティブな視点として、Head(頭)、Hand(手)、Heart(心)の「3つのH」というモデルがある。本プロジェクトでは、教育における4番目の「H」として、また社会の新たな価値として、「Happiness(幸福)」を提案する。私たちは、持続可能性および社会的包摂を包含する「幸福」こそが、新たな価値であり、これらを高めるために教育が果たす役割を考える上で重要な概念になると考えている。本プロジェクトでは、国民総幸福量という考え方を通じて「幸福」と「心」を教育に根づかせようとした試みにおいてブータンが成し遂げた成果と、直面している問題について、深く探究し、調査する。近年のブータンの教育改革は、競争と達成度に重きを置いた凝り固まった学校教育文化という壁に阻まれながら進められてきた。本プロジェクトは、ブータンの事例について、特に地方と都市における教育の経験をとりあげ、現地において、両者の比較研究を深く掘り下げて実施する。本プロジェクトを通じて、世界の国ぐにがブータンの成し遂げたことを見習い、教育の概念を再解釈する際にどのような困難に直面する可能性があるかを認識する手助けをすることができる。

 In modern discourse, education tends to be primarily viewed as human capital development: a means to better financial and social gain for individuals and nations. However, education can also contain self-cultivation as a holistic good, which includes kindness and compassion towards others, social and environmental conscientiousness, and recognizing global inter-relatedness. One alternative vision to education is the "3Hs" model of Head, Hand and Heart. This project aims to advance "Happiness" as a fourth "H" in education, and as a new value for society. We argue that happiness – including sustainability and inclusiveness – are new values in considering the role of education to advance them. This project will provide a deep exploration and examination of the advances and obstacles Bhutan has encountered in attempting to locate "Happiness" and "Heart" in education through its Gross National Happiness philosophy. Recent Bhutanese educational reforms have not occurred without difficulty against an entrenched culture of schooling focused on competition and achievement. By studying the Bhutan case in-depth and on the ground – particularly in comparing rural and urban educational experiences – this project can support countries around the world to emulate what Bhutan has managed to achieve, and recognize difficulties they may face, in reconceptualizing education.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事