HOME

助成対象詳細(Details)

   

2017 2017年度 研究助成プログラム Research Grant Program 2017  /  (A)共同研究助成  (A) Joint Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D17-R-0421
題目
(Project Title)
東南アジアにおけるヘイズ危機―隣国間の感情と関係を前向きに構築する道筋としての公共的価値―
The Southeast Asian Haze Crisis: Public values as a pathway towards constructive cross-border sentiments and engagement
代表者名
(Representative)
マシュー アシュフォルド
Matthew Ashfold
代表者所属
(Organization)
ノッティンガム大学マレーシア校環境・地理学部
School of Environmental and Geographical Sciences, University of Nottingham Malaysia Campus
助成金額
(Grant Amount)
 2,800,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

国境を越えて繰り返し発生する東南アジアの「ヘイズ(煙害)」は国際的な環境危機の顕著な事例である。ヘイズは、主として、インドネシア、マレーシアおよびシンガポールにおいて、観光、輸送、農業、人体の健康、生活満足度などの面で、ネガティブな社会的影響をもたらしている。この3つの国は、文化と歴史においてつながりがあるが、ヘイズをめぐって政治的な対立が続き、隣国間の関係が損なわれている。この問題の政治的な解決策がみつからないなか、我々のプロジェクトは、ヘイズに関する相互理解や協力を促進するために役立てることができる、これらの国の人びとの間における価値を解明することをめざす。その方法論は、社会心理学と国際関係論の視点を組み合わせたもので、ヘイズの影響を受けている3つの国をすべてカバーする2つの相互補完的な研究から成立する。研究①は定量的なもので、分野横断的な調査を通じて、各国におけるヘイズ関係の知見、態度や具体的な取り組み、そして人びとのウェルビーイング、環境についての価値観、近隣諸国への認識がこれらにどのように結びついているのかということを分析する。研究②は定性的なもので、フォーカスグループの手法を通じて、隣国間の感情と具体的な関係性の既存のパターンにあてはめることができる、ヘイズに関する新たな価値を探究する。本プロジェクトの結果は、隣国間の感情と関係を前向きに構築する道筋としての公共的価値を明らかにするものとなり、それは、国境を越える環境問題が深刻化し、価値主導型の政治が顕著になっている現状を考えると、より大きな意義を持つようになると確信している。

 The recurring transboundary Southeast Asian "haze" is a prominent example of an international environmental crisis. Its negative social impacts encompass tourism, transport, agriculture, human health and life satisfaction, largely within Indonesia, Malaysia and Singapore. These countries are linked by culture and history, but cross-border relations have been damaged by ongoing political disagreements over haze. With a political solution to the crisis remaining elusive our project aims to uncover values held by people in the three countries which can be used to promote mutual understanding and cooperation related to haze. Our methodology combines insights from social psychology and international relations, and consists of two complementary studies, each covering all three of the haze-affected countries. Study 1 is quantitative, and employs a cross-sectional survey to examine haze-related knowledge, attitudes and behaviors and their links to wellbeing, environmental values and perceptions of neighboring countries. Study 2 is qualitative, and through focus groups will explore novel, haze-related values that can be contextualized within current patterns of cross-border sentiments and engagement. We anticipate our results will reveal public values as a pathway towards more constructive cross-border sentiments and engagement, and will have a wider significance given the current growth of cross-border environmental problems and values-driven politics.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事