HOME

助成対象詳細(Details)

   

2017 2017年度 研究助成プログラム Research Grant Program 2017  /  (B)個人研究助成  (B) Individual Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D17-R-0454
題目
(Project Title)
移民がもたらす知―オランダにおけるインドネシア人ケアワーカーの技術の喪失と向上―
Knowledge in Migration: Deskilling and skill development among Indonesian care workers in the Netherlands
代表者名
(Representative)
マギー レオン
Maggi Leung
代表者所属
(Organization)
ユトレヒト大学地球科学部
Faculty of Geosciences, Utrecht University
助成金額
(Grant Amount)
 1,400,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

欧州の多くの国の社会では、日本と同様、(医療)ケアワーカーに関するニーズの高い増加に対応できなくなってきている。この「ケアの危機」にすばやく柔軟に対応するネオリベラルな解決策として、移民の採用が広く実施されてきた。移民は、公式または非公式に、医師や看護師およびその他のヘルスケア従事者として、公的施設や民間施設で働いている。しかし、移民労働者が提供する知識やスキルは、必ずしも正しく認識され、評価され、受け入れられているとは限らない。このことは「頭脳浪費」(つまり習得したスキルが活用されず、失われること)、非効率的な人材活用、社会的包摂の失敗という結果につながり、持続可能で活力のある社会をめざす上での障害となる。公正と尊敬、倫理的な配慮を重視する新たな価値の体系が早急に必要とされている。これらの新たな価値によって、移民労働者はスキルと知識を存分に発揮し向上させることができるようになり、ケアを受ける側もより質の高いケアを受けられるようになる。本研究では、混合研究法、マルチスカラー法、およびマルチステークホルダーアプローチの各手法により、以下の4点をめざす。(1)オランダにおけるインドネシア人ケアワーカーのスキル認識度(あるいは、その不足度)の評価、(2)スキルを認識し向上させる好機および障壁となる要因の特定、(3)政策およびその実践に関する提言、(4)「移民の知」についての理論的言説の進展。

 Most European societies, like Japan, are facing a high and rising need of (health) care workers. The recruitment of migrants has widely been practiced as a quick and flexible neo-liberal solution to this "care crisis". Migrants work, formally or informally, as doctors, nurses and other kinds of healthcare personnel at institutionalized and private space. Knowledge and skills brought by these migrant workers are, however, not always recognized, valued or appreciated. This leads to "brain waste" (i.e. deskilling and skills loss), ineffective human resource utilization and failure of social inclusion, which is detrimental to the quest for a sustainable and resilient society. A new value system that pushes forward justice, respect and ethical care is urgently called for. These new values will ensure that migrant workers can practice and develop their skills and knowledge, and that care-seekers can receive the most quality care. With a mixed-method, multi-scalar and multi-stakeholder approach, this research aims to (1) assess the level of skill recognition (or lack of) among Indonesian care workers in the Netherlands; (2) identify factors that account for openings and barriers in skill recognition and development; (3) produce policy and practice recommendations and (4) advance theoretical discourses surrounding the migration-knowledge nexus.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事