HOME

助成対象詳細(Details)

   

2017 2017年度 研究助成プログラム Research Grant Program 2017  /  (A)共同研究助成  (A) Joint Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D17-R-0535
題目
(Project Title)
デジタル農業の発達―「新農業革命」における社会的相互作用および価値の役割に関する研究―
The Rise of Digital Farming: Investigating the role of social interaction and values in the "new agricultural revolution"
代表者名
(Representative)
オアヌ フィッセル
Oane Visser
代表者所属
(Organization)
エラスムス・ロッテルダム大学社会科学国際研究所
International Institute of Social Studies, Erasmus University Rotterdam
助成金額
(Grant Amount)
 6,200,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

デジタル化は社会を動揺させる。我々の社会的な相互作用、また、所有権やプライバシーの権利にかかわる価値に変化をもたらす。しかし、同時にデジタル化も我々の価値観の影響を受ける。ビッグデータの活用など、昨今の「デジタル農業」への移行は、気候変動および資源的制約の時代において、世界の食糧供給問題に対処する新たな「農業革命」をもたらすものと期待されている。
 デジタル農業の進展を妨げているのは、技術的な問題というよりも、むしろ我々の社会的な相互作用や価値ではないかと考えられる。本プロジェクトは、農業におけるデジタル革命を推進している潜在的な価値とは何か、それらはデジタル農業の革新が進行する領域においてどのような社会的関係を形成しているのか、さらに、農業の将来にどのような結果をもたらすのかという問いに答えようとするものである。
 デジタル農業の進展の初期段階である現在において、その社会技術的な構造はまだ明確なものとはなっていない。それゆえに、本研究は、現在の政策議論、特にデジタル化の「開いたモデル」と「閉じたモデル」に関する議論に、多くの必要な情報や知見を提供することができる。前者のモデルは、連携やエンパワメントといった価値に連なるオープンソースデジタルプラットフォームを特徴とするものである。後者の閉じたモデルでは、「勝者がすべてを取る」という行動原理による企業の関心、また、アクターの連携の弱さや自信の喪失といったリスクが顕著である。本プロジェクトでは、デジタル農業の先進地であるオーストラリアとEUをフィールドとして、定性的な比較研究を実施する。

 Digitalisation disrupts society - reshaping our social interaction and values connected to ownership and privacy - but digitalization is also affected by our values. The recent shift towards "digital farming" - including the application of big data – is expected to bring about a new "agricultural revolution" able to address the challenge of feeding the world in an era of climate change and shrinking natural resources. Rather than technological problems, social interactions and values seem to impede digital farming. Hence, this project asks; what underlying values are driving the digital revolution in farming, how do they shape social interaction in this sphere of digital farming innovation, and consequently the future of agriculture? At this early stage of digital farming development, socio-technological structures have not yet crystallised. Consequently, this research can provide much needed input into current policy discussions, particularly concerning an "open" versus "closed" model of digitalization. The first model features open source digital platforms, associated with values such as cooperation and empowerment. In the closed model, company interests associated with winner-takes-all behavior, and risks of weak cooperation and disempowerment prevail. A comparative, qualitative methodology is employed with field research in two major actors in digital farming; Australia and the EU.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事