HOME

助成対象詳細(Details)

   

2017 2017年度 研究助成プログラム Research Grant Program 2017  /  (A)共同研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D17-R-0635
題目
(Project Title)
南海トラフ巨大地震の防災減災に向けた伝統的神社空間のもつ価値構造の再構築
A Study on Value Structure of Shrine Space for the Disaster Risk Reduction on Nankai Megathrust Earthquake
代表者名
(Representative)
高田 知紀
Tomoki Takada
代表者所属
(Organization)
神戸市立工業高等専門学校都市工学科
Department of Civil Engineering, Kobe City College of Technology
助成金額
(Grant Amount)
 5,200,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

本研究の目的は、南海トラフ巨大地震における災害リスクの低減に向け、神社空間に新たな価値を見いだし、その利活用の方策を検討することである。研究代表者は東日本大震災直後から現地に入り、東北地方の神社の立地と津波浸水域との関係を調査し、論文として発表してきた。また、南海トラフ地震の被害が予想される和歌山県および徳島県の地域についても、現地調査および地理情報システム(GIS)を用いた研究を行ったことを契機に、和歌山県神社庁と連携する機会を得るに至っている。
 本研究では、このような経緯をふまえ、大規模自然災害のリスクを回避するうえで神社空間のもつ新たな価値を、神社関係者との連携のもとに構築し、現代社会におけるその有用性を提示する。本研究における「新たな価値の創出」とは、日本の伝統的な幸福概念である「無病息災」に現代的意味を与えることである。この目的を達成するために和歌山、徳島、淡路の3つのフィールドにおける神社空間についての文献調査およびヒアリング調査を行い、さらにGISを用いて神社の立地特性を分析するとともに、和歌山県の伊達神社をモデルとして防災拠点を整備する社会実験を行い、その成果を社会に発信する。

 The purpose of this research project is to consider how to utilize shrine space for the disaster risk reduction of the Nankai Megathrust Earthquake. Since the Great East Earthquake, people has paid attention to the relationship between the location of shrine and natural disaster risk.
 In this project, we try to build a new value structure of the shrine space in order to avoid the risk of large‐scale natural disaster. In addition, we presents the usefulness of its value structure in modern society. As a research method, we carry out a theoretical consideration about shrine space in public policy, through literature survey and interview. And next step is to analyze the space characteristics of the shrine in Wakayama, Tokushima and Awaji by using GIS. In addition, an important feature of this project is to conduct the social experiment concerning disaster prevention at Idate Shrine as a model case.
 The new value structure model of shrine space is proposed by integrating the result of theoretical consideration and social experiment as described above. This value structure model gives modern meaning to "Mubyou‐Sokusai" which is the concept of Japanese traditional happiness. In order to achieve this goal, this project will be carried out based on collaboration with various researchers and experts.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事