HOME

助成対象詳細(Details)

   

2017 2017年度 研究助成プログラム Research Grant Program 2017  /  (B)個人研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D17-R-0650
題目
(Project Title)
他者の感性の内在的な理解と表現―ペルーのモダンガストロノミーの文化人類学的研究―
The Immanent Comprehension and the Expression of the Sensibilities of the Others: An cultural anthropological approach to Peruvian modern gastronomy
代表者名
(Representative)
藤田 周
Shu Fujita
代表者所属
(Organization)
東京大学大学院総合文化研究科
Graduate School of Arts and Sciences, The University of Tokyo
助成金額
(Grant Amount)
 1,000,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

物事を感じ取る仕方が西洋化していく傾向、すなわち感性の植民地化が現在も世界中で続いており、それが結果として非西洋的感性やそれに基づいて作られたもの無理解や忘却をもたらしている。そこで、自身にとって不明であるところの他者の感性を、その他者のやり方で理解し、表現する方法を明らかにすることに申請者は社会的価値を見出し、それを本プロジェクトの目的とする。
 具体的には、ペルーのモダンガストロノミーレストラン、特にペルー国内で多様な食文化を生きる人々から学ぶことを通してメニューや調理法の開発、素材の探究を行うチームに対して文化人類学的フィールドワークを行い、どのように他者の感性の内在的な理解と表現がなされるのかを解明する。
 申請者は、学術的には感覚が関わる人類学の諸領域や、他者の理解と表現をその基本とする文化人類学の方法論、食文化研究において食文化をより深く理解するための方法論への貢献をなすことを目指す。同時に、料理人や食産業に関する人々にその活動に貢献しうる知見を還元することや、一般の人々に他者の感性を理解し、表現する方法を広げていくことを望んでいる。

 The tendency that people come to sense as western do, that is, the colonization of sensibility continues all over the world today, which resulted in the lack of understanding and the forgetting of non-Western sensibilities and those made based on them. Then, to clarify a method to comprehend the sensibility of others which are not well known as they do and to express it has a social value and it is the purpose of this project.
 I plan to do fieldwork cultural-anthropologically in a modern gastronomy restaurant in Peru, especially in the team there which creates dishes and cooking methods and investigate new materials. Through that research, clarified is the process that the cooks learn to understand immanently and express the sensibilities of others.
 The result of this project will academically contribute to disciplines of anthropology related to senses, and to cultural anthropology generally, which bases itself on comprehending and representing others, and to food culture studies by proposing the method for understanding food cultures deeper. On the other hand, it will bring advises to cooks and to those related to the food industry, and will spread to ordinary people the way of telling the sensibility of others immanently.

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事