HOME

助成対象詳細(Details)

   

2017 2017年度 研究助成プログラム Research Grant Program 2017  /  (B)個人研究助成  (B) Individual Research Grants
助成番号
(Grant Number)
D17-R-0669
題目
(Project Title)
難民保護のグローバルガバナンスにおける力関係の再形成―グローバルな市民社会ネットワークとしてのAPRRNの役割―
Reconfiguration of Power Relationship in the Global Governance of Refugee Protection: The role of the global civil society network, APRRN
代表者名
(Representative)
チェ ウォン グン
Won Geun Choi
代表者所属
(Organization)
ハワイ大学マノア校政治学部
Department of Political Science, University of Hawaii at Manoa
助成金額
(Grant Amount)
 800,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

本研究プロジェクトは、アジアの市民社会組織が難民保護において果たす役割について解明することを目的としている。難民を大量に流出させてきた歴史があるにもかかわらず、アジアは国際的な難民保護からは取り残されている。特に、国家や国際機関は、難民保護のための具体的な法的および政治的解決策を依然として提示することができていない。対照的に、アジアの市民社会組織は、「アジア太平洋難民の権利ネットワーク(APRRN)」というグローバルな市民社会ネットワーク型の組織として結集し、難民保護のための、いわゆる人権に基づくアプローチともいうべき新しい行動指針を共有し、実践を共にしている。このような状況において、アジアの市民社会組織が影響力のあるステークホルダーの法的および政治的主導権にいかに挑戦し、また、新たな難民保護の規範をどのように適用しているのかを理解することは重要である。本研究では、APRRNがグローバルガバナンスのプロセスにおける力関係を3つの側面から再構成することにより、難民保護においてさらに進んだ役割を担うことになっていると見ている。1つ目は、南北間のグローバルな市民社会組織における内部の力関係の変化である。2つ目は、APRRNが国家や国際機関が果たす従来の役割に異議を唱え、グローバルガバナンスのプロセスにおける各地のNGOの従属的な地位を変えていることである。3つ目は、APRRNが国際的な人権に基づいた新たな規範を導入し、国際難民制度における国家中心的な考え方を改めようとしていることである。

 This research project aims to explain the role of Asian civil society in refugee protection. Asia has been left behind the international refugee protection despite the experiences of the massive outflow of refugees. Specifically, states and international organizations remain without concrete legal and political solutions to protect refugees. In contrast, Asian civil society mobilized itself as a global civil society network organization, Asia Pacific Refugee Right Network (APRRN), and shares alternative principles and practices, so-called the rights-based approach to protect refugees. In this circumstance, it is significant to understand how Asian civil society challenge legal and political domination of predominant stakeholders, and how does civil society implement alternative refugee protection norms. This research will argue that APRRN takes the more advanced role in refugee protection by reconfiguring the power relationships of the global governance process in three dimensions. The first is a change of internal power relationships in global civil society between the North and the South. Second, the APRRN changes the subordinated position of local NGOs in global governance process by challenging the conventional role of state and international organizations. Lastly, APRRN changes the state-centric nature of international refugee regime by bringing alternative norms based on international human rights.
 

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事