HOME

助成対象詳細(Details)

   

2017 2017年度 研究助成プログラム Research Grant Program 2017  /  (A)共同研究助成  
助成番号
(Grant Number)
D17-R-0714
題目
(Project Title)
活用文化財としての歴史的木製什器の在野保存―新たな文化財概念の確立とその保存活用方策に関する実践的研究―
"Open Preservation" of Historical Wooden Furniture as Cultural Heritage in Use: A study of a new concept of cultural heritage and the practice of its preservation and reuse
代表者名
(Representative)
三島 美佐子
Misako Mishima
代表者所属
(Organization)
九州大学総合研究博物館
The Kyushu University Museum
助成金額
(Grant Amount)
 5,100,000
企画書・概要 (Abstract of Project Proposal)

日本では一般的に、家具類―特に近代のもの―は、同じ時代の建造物等に比べ、文化財としての認知が低い。また戦後消費社会の進行と相まって、古い木製家具は散逸ないし廃棄される傾向にあり、その再利用に対する文化的素地や社会的仕組みも十分に発達してきていない。企画代表者らは、九州大学総合研究博物館において、九州大学が移転に伴い大量に放出した歴史的木製家具類を多数レスキューし、大正~昭和中期の学校家具の一画を網羅する教育文化財として保存している。
 本研究の目的は、使用することこそがその意義としてある「活用文化財」の考え方と、市民や団体に貸し出し利用に供することをもって社会で共に保存する「在野保存」の方法を、新たに定義・提案し、レスキューされた家具類を用いた社会実験によりその有効性を検証することである。
 本企画は、この社会実験で得られる知見に加え、近年の木製家具の再利用に関する国内の試みや、家具の再利用が社会的・文化的に定着しているイギリスでの事例等をふまえ、問題意識を同じくする実践者らとも連携して、古いモノ―ここでは木製家具―に価値を産み出し再利用する持続的な仕組みと仕掛けを社会に提案することを目指している。

 Unlike the buildings of the modern age, wooden furniture of the age is not regarded as cultural heritage. As the mass consumption society developed after World War II, such old wooden furniture tended to be lost or discarded in Japan. The cultural groundwork and social systems to reuse the wooden furniture aren't fully developed in Japan yet. 
 Recently, more than 300 pieces of historical wooden furniture at Kyushu University were rescued by us and they are being kept in Kyushu University Museum. They are a rare and comprehensive collection of early 20th Century school wooden furniture. In this study, we will conduct social experiments, making use of the rescued furniture by testers to verify the effectiveness of our novel concept and preservation method for cultural heritage: 'heritage in use' and 'open preservation'. 
 We will also conduct field research on the recent practices of the reuse of wooden furniture in Japan and on advanced examples in England. 
 Referring to the findings and the outcomes of the social experiments and the field research in collaboration with people who share our view, we aim to integrate sustainable systems with mechanisms, both of which create a novel value of old things like old wooden furniture and assist its reuse.
 

ホームページへのリンク ◆トヨタ財団WEBサイト内関連記事